ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サンドイッチより簡単おしゃれ!!最近増えてる「タルティーヌ」ってなに?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ここ最近、ベーカリーショップやバルで「タルティーヌ」と書かれたメニューを見かける機会が増えていませんか? パン好きならばもはや知っていて当然? けれども世間ではまだまだ認知度が低いこのタルティーヌとは、一体どんな料理なのでしょうか。

フランスパンに塗る・乗せるだけ!

タルティーヌとはひと言でいうならば「フランス式のオープンサンド」のこと。スライスしたパンの上に、好きなペーストを塗ったり具材を乗せたりしたものを指します。カリッとこうばしくトーストしたバゲットやカンパーニュに、ジャムやクリームチーズ、レバーパテを塗ったり、野菜やハム、マッシュポテトなどを乗せたりすれば、もうそれだけで立派なタルティーヌのできあがり。サンドイッチよりも簡単に作れてワンプレートで事足りるタルティーヌは、フランスでは朝食メニューの定番です。

ワインに合うおつまみとしても

タルティーヌに難しいルールはありません。肉、魚、野菜、卵、甘いもの、しょっぱいもの……どんな具材を乗せるのかはその人の自由。つまり具材次第では朝食だけでなく、お酒に合うおつまみにもなるのです。チーズやマッシュポテト、オーブンで焼いた季節の野菜、豆やオリーブのペースト、ピクルス、旬のフルーツとクリームチーズを組み合わせるなど、アレンジは自由自在。手軽につまめて見た目もおしゃれなので、ホームパーティーやおもてなしにもおすすめです。

ちなみにタルティーヌという名前の由来は、フランス語で「パンにバターやジャムを塗る」という意味の「tartiner(タルティネ)」から。パンに何かを塗るという行為がこの一語で表現できてしまうあたりに、フランスのパン文化の奥深さを感じませんか?

参考文献:『日々のパン手帖』 清水美穂子 メディアファクトリー

おすすめのレシピ

アボカドと季節野菜のタルティーヌのレシピ | 料理サプリ

パプリカと生ハム、半熟卵のタルティーヌのレシピ | 料理サプリ

いちごとミニトマトのタルティーヌのレシピ | 料理サプリ

関連記事リンク(外部サイト)

今日はこどもの日! 端午の節句とちまきの関係
灌仏会で使われる「甘茶」って何?
ひな祭りのごちそうはなぜ「ちらし寿司」?

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP