ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy Tab S2の改良版「SM-T719C」が中国で認証を取得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxy Tab S2 と同世代の型番を採用しながらもスペックを一部刷新した「SM-T719C」が中国 工信部で認証を取得し、外観と主要スペックが明らかになりました。SM-T71X が Galaxy Tab S2 8.0 として発売されたので、SM-T719C も Galaxy Tab S2 の派生モデルと思いきや、プロセッサが Snapdragon 652 1.8GHz オクタコアに変更されるなど、内部仕様が一部新しいくなっています。噂では、Galaxy Tab S3 や Galaxy Tab S2 Plus / Advanced といった名前で出てくるのでは?と予想されています。工信部の認証を取得した SM-T719C は GSM / WCDMA / CDMA2000 / LTE に対応したセルラーモデルで、8.0 インチ 2,048 x 1,536 ピクセルの AMOLED ディスプレイ、3GB RAM、32GB ROM、背面に 800 万画素カメラ、前面に 200 万画素カメラ、4,000mAh バッテリーを搭載しています。筐体サイズは 198.6 × 134.8 × 5.6mm、質量は 272g です。工信部の認証を取得したということは、そろそろ発表されると予想されます。Source : TENAA

■関連記事
Lenovo、グローバルモデルの「Vibe S1」にAndroid 6.0へのアップデートを配信開始
Xperia C6 Ulraの3Dレンダ動画が公開
NetflixのAndroidアプリがv4.5にアップデート、モバイルデータ通信時の画質調節機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP