体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

圧倒的に多くの目標を達成する人としない人の10の違い

生活・趣味

自分の夢や目標を達成する人がいる一方、いつまでも達成できない人もいます。一体、この2つの大きな違いは何なのでしょうか。

そこで今回は、圧倒的なスピードで多くの目標を達成している人と、そうでない人の10の違いについてご紹介したいと思います。

目標を達成する人は自分が何をしたいのか知っている

圧倒的に多くの目標を達成する人としない人の10の違い

多くの夢や目標を達成する人が、まず第一に考えていること。それは「自分の目標が何なのか」ということです。

漠然と「ダイエットして痩せたい」と思っていても、いつまでも痩せることはできません。そうではなく、「3ヶ月で5kg痩せる」というように、より具体的に自分の目標を考えているのです。

他人の視線を気にしていない

目標を達成する人は、他人のことを全く気にしていません。なぜなら自分の目標に他人は関係ないからです。他の人に何と言われようと、自分の夢は自分だけのものです。どこまでも自分を信じて進める人が、圧倒的に目標を達成できるのですね。

自分の行動の結果を注意深く観察している

圧倒的に多くの目標を達成する人としない人の10の違い

他人の視線を全く気にしていない一方、自分の行動の結果は、注意深く観察します。なぜなら、自分の行動によって起こるフィードバックこそが、目標に対しての改善すべきヒントになるからです。

行動しながら学ぶ

目標を達成する人は、常に行動しながら学ぶ姿勢を忘れません。なぜなら今のまま達成できることは、目標ではないからです。常に行動し、そこから何かを学び、目標までの道のりを微調整し、修正していくことが目標達成の確率を上げていきます。

承認を必要としない

圧倒的に多くの目標を達成する人としない人の10の違い

何か夢に向かって行動しようとした時、夢を叶えられない人は、決まって誰かの後押しがないか期待します。しかし、自分の夢や目標は自分だけのものですので、他人からの承認は必要ありません。やりたいと思ったことをやりましょう!

定期的に生活を見直している

世の中には、私たちが気がつかない間に目標を邪魔する人や物でいっぱいです。そのため、目標を達成する人は定期的に自分の生活を見直します。資格を取りたいのに漫画ばかり買っていないか? 勉強したいのにそもそも部屋が汚くないか? など目標に集中できるよう、余分なものを排除しているのです。

足りない部分は助けを求める

圧倒的に多くの目標を達成する人としない人の10の違い
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会