ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

三浦翔平 これからはキラキラ感は捨てていきたい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いまや、若者を中心に不動の人気を築いている三浦翔平(27才)が、新たな挑戦をするということで注目を集めている。自身の名前がついた冠番組『Its’翔time』というラジオ番組を、4月からNACK5で担当することとなったのだ。

 そんな三浦だが、一般にもたれるイメージとは少しギャップがあるという。キラキラしたイメージとがあるがどうなのか…、実はそこが密かな狙いなのだとニヤリとする。

「もうそろそろ気取るのはいいかな、と。年齢と共に、ちょいちょい“キラキラ”を捨ててきています(笑い)。生身の自分をみせることで、『三浦翔平って、こんな人間なんだ』というのを知ってほしい。その意味では、本音を語れるラジオはとてもやりがいがある。性格を自己分析すると気分屋です。ムラがありますね。ラジオでテンションが低めだったら、『あれ、なんか機嫌が悪いのかな』なんて想像して、楽しんでもらえたら」

 役者としては、舞台にも精力的に挑戦していきたいという。その生き方同様、今はより”ナマっぽい”ものに惹かれるようだ。

撮影■中村功

※女性セブン2016年5月12・19日号

【関連記事】
さだまさしが愛をこめて描く深夜ラジオ小説『ラストレター』
小島慶子 「ネットとの親和性が高い」とラジオの魅力語る
紅白歌合戦 正月特番から大晦日に日程変更された意外な理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP