体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アナウンサーから心機一転!?好奇心とパッションから生み出す美容発明家、安田あや

クリエーターエージェント

クリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp

その器量良い風貌は、努力のにおいを感じさせない。しかしその内実は、挫折とパッション、人間味に溢れていた。彼女の名前は、安田あや。コスメ会社AYAの社長として、ヒット商品を飛ばす美容発明家だ。努力を苦悩と捉えず、挫折をチャンスに変えてきた。湖に浮かぶ美しい白鳥が必死に足をばたつかせているように、彼女の発明家人生の足下にも、類い稀なる情熱が積み重なっていた。

挫折、挫折、挫折。
アナウンサーになる夢を諦めた学生時代。

アナウンサーから心機一転!?好奇心とパッションから生み出す美容発明家、安田あや

安田:元々は日本でスポーツキャスターになりたかったんです。父も弟も野球をやっており、私にはその知識が人一倍ありました。そのため、インタビューにも自信があったんです。従来のインタビューよりも、もっと深入りした質問が私には出来る!と考えていました。

アナウンス学校にも通って、一般地上波の採用試験も受けたのですが、私のハスキーな声では駄目だと言われ、落とされてしまいました。日本のアナウンサーには個性があってはいけないらしいんですね。誰が話しているのか分からないような、普遍的な声が求められるそうです。それで私は挫折してしまいました。

新時代のブラで一気にスターダムに…。
へ、丸々全部パクられた!?

アナウンサーから心機一転!?好奇心とパッションから生み出す美容発明家、安田あや

———その後どのように美容開発に進まれるのですか?

安田:アナウンスの次に興味があったのが、美容関係でした。それでカネボウに入社したんです。新卒入社のときに、国際部と広報部、商品開発部の部長さんが私を欲しいと言ってくれました。英語が話せることと、ペラペラおしゃべりなタイプだったことが理由だったと思います(笑)。ただ、私は開発をやりたかった。

———どうして開発に興味があったのですか?

安田:学生時代に「発明の虎」という番組で入選した経験があったんです。発明のアイディアを色々な企業さんの前でプレゼンして、優れた商品は採用されるんです。もしもそのまま発売されると、その利益の数%が支払われる仕組みでした。

私が応募したテーマは「新時代のブラジャー」というもの。まだヌーブラがなかった時代なのですが、私はそういった、紐がなく、様々な衣装に合う新商品を提案しました。すると某企業さんがそのアイディアを採用したいと言ってくれて、番組から賞を貰うことになったんです。

しかし、結局番組が終わってしまって、採用も見送られてしまいました。学生時分だったので、残念だなぁ、くらいにしか捉えていませんでした。しかしその後、私のアイディアを搭載したブラが、なんとその企業から発売されたんですよ!新開発構造ブラと銘打って。カネボウの上司にもその番組を見ていた方が多くいて、君のアイディア使われたじゃん!と騒がれました。実際には私のアイディアという形で発売されたわけではないんですけどね(笑)。

しかし、それを見た上司が、私にすごく開発を任せてくれるようになったんです。それがきっかけで商品開発の道に深く進んでいくことになりました。

想いが強ければ、願いは引き寄せられる。
天啓によって導かれた、
アメリカでのスポーツキャスター生活。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy