ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ライブでストレス発散」が科学的に証明。これはもう行くしかない!(英・研究結果)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

野外フェスが本格的にシーズンインするこれからの季節。ライブ好きのみなさんを「科学のチカラ」が後押ししてくれそうです。

Science alertの記事によると、「ライブを見にいくことは、ストレスホルモンのレベルを低減させる」という研究結果が発表されたとのこと。

ライブを見ると
コルチゾールが減少?

過去にも、音楽を聞くことや歌うことがストレス発散に効果的であるという研究結果はいくつもありました。が、「ライブ音楽」に特化した証明は初だとか。主にストレスホルモンとも言われるコルチゾールを減少させる効果があるといいます。

インペリアル・カレッジ・ロンドンのDaisy Fancourt氏とAaron Williamon氏の研究によれば、音楽好きかどうかは問わない117名を対象にオーケストラコンサートで実験をしたところ、コルチゾールやコルチゾンといったストレスホルモンの減少が確認できたといいます。

さらに興味深いのは、対象者のバッググラウンドや趣味嗜好などに関わらず、効果が見られたということ。

これからは胸を張って
ライブに行ける…はず

さて、ここで気になるのは「オーケストラだったからじゃないの?例えばヘビーメタルやハードロックは?」ということではないでしょうか。

The Telegraphの記事によると、これについては研究者たちも「引き続き研究が必要」としながらも、「文化的な音楽やアートに生で触れることは人々の健康や幸福につながる、という研究の大きな一歩だ」とコメント。

ひとまず、もしあなたが家族や友人から「またライブに行ってるの!?」と糾弾された時は、「ちゃんと科学で実証されてるんだよ」と胸を張っても問題はなさそうです。

Reference:Science alert,RCM Research Online,The Telegraph

関連記事リンク(外部サイト)

【科学者がYES!】毎日幸せが続く、シンプルな習慣7つ
目覚めの一杯に注意!朝9時前にコーヒーを飲んではいけない理由とは・・・
仕事が全然はかどらない?「音楽の聴き方」に要注意!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。