ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

40~60年代のヴィンテージウォールクロックが集合! 展示販売会、開催中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年4月28日(木)から5月8日(金)まで、東京・目黒のACME FURNITURE 目黒通り店で、「US VINATGE CLOCK EXIBITION」が開催されています。

学校や公共施設で使用されていた、1940~60年代のアメリカ製のヴィンテージウォールクロックを集めた展示販売会。同じような規格で作られながらも少しずつ表情が異なる16点の壁掛け時計が一堂に会します。

時計の直径は約12インチ(約30㎝)と、日本の住居には少し大きなサイズですが、「時計の機能を持った、壁面のオブジェ」というACME Furniture(アクメファニチャー)らしい提案がされています。

もちろん実用性も配慮されていて、本来はコンセントで動くモーター式でしたが、日本でクオーツに交換修理されています。

これらの時計の一番の特徴は、ドーム状のガラスの風防と味のある文字盤のフォント。ずっと眺めていても飽きない独特の雰囲気をお店でご体感ください。

商品点数16点が各4万5000円(税別)で販売されます。ドーム型のガラス風防にしたのは、離れた距離と広角度からの視認性を上げたり針を保護したりするためではないかと推測されています。

US VINATGE CLOCK EXIBITION

会期:2016年4月28日(木)~5月8日(金) 11:00~20:00 期間中無休

会場:ACME FURNITURE 目黒通り店

Writing:Akiko Okawa

Edit:Tadasuke Shiomi

関連記事リンク(外部サイト)

全て1点モノ! リメイクで生まれたプランターとグリーンをセットで販売
世界屈指の生産者によるエアープランツのポップアップショップ出現中!
松田奈那子の世界とロースタイルインテリア「アートとともに暮らす」展、開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP