ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

医者へ行かずに歯列矯正!?オンラインからマウスピースを注文できるサービス「Straight teeth direct’s」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

歯列矯正の歴史は思いのほか長く、古くは古代エジプトまでさかのぼる。

最初にブリッジの原型が発明されたのが18世紀のローマ。そこからあらゆる改良がなされ、2000年代には透明タイプのマウスピースが誕生。つけていることさえわからないような、自然なタイプが主流になりつつある。

そして、2016年。矯正治療は、さらに進化。クイズに答えるだけで、自分にぴったり合ったマウスピースを注文できる、「Straight teeth direct’s」が登場した。

・診断からオーダーまですべてアプリで完結

オーダーには、専用のアプリを使う。まず、“スマイルクイズ”という簡単な質問項目に答えてから、カメラで正面、左右など5通りの口内写真を撮って送信。

その後、データは専門家によって分析され、問題ないと判断された場合は、写真と回答を元に作成された、カスタムメイドのマウスピースが自宅に届けられる。

支払いは、治療にかかる期間によって変動する。ユーザー側で希望する期間を選択し、それに見合った金額を支払うシステムだ。長期になるほど金額は増すはずだが、それでも歯科クリニックに通うより、コストははるかに安くなるのだとか。

・普及するか否かはこれから

マウスピースは、3週間ごとに交換。口内の状況をデータで報告し、様子を見ながらその都度変更していく。本来クリニックで行うべき治療が、オンライン上ですべて賄われてしまうのだ。

4月に始まったばかりの本サービス。実際の反応はこれから。歯科医療の脅威となるか、希望の光となるか、いずれにしろ結果が見えるのは、もう少し先の話になりそうだ。

Straight teeth direct’s

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP