ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大人の勉強会!「世界の国旗デザイン」にまつわる豆知識をインフォグラフィックで

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年1月時点での国連加盟国は193カ国。それらの国々の「国旗デザイン」に関するアレコレを、インフォグラフィックで分かりやすくまとめたのが「Flag Stories」です。

内容は色の組み合わせからデザインの変遷まで様々。それでは、思わず「へえ〜」と言ってしまう大人の勉強会をスタート!

【色の組み合わせ】

「赤・青・白」のトリコロールが最多。「赤・緑・黄」の組み合わせはアフリカ諸国に多く見られます。

【色の数】

最も多いのは「3色構成」。少ないですが、「6色構成」というカラフルな国も。

【国旗の組み合わせ】

ポーランドと日本を足すとグリーンランド。アルゼンチンとギリシャではウルグアイに。

【シンボルマーク】

最も多いシンボルマークは「星」。「盾」、「十字」と続き、日本にも含まれる「太陽」は4番手集団。

【国旗の変遷】

国旗の変遷をたどると、その国の歴史が垣間見えます。

【メインカラー】

メインカラーは「赤」が人気。

【国旗の歴史】

19世紀以前に制定されたデザインは、なんとデンマークとオランダのみ!

【レイアウト】

「3本の横線」が最多。次いで、「3本の縦線」。

【似ている国旗】

左上、ルーマニアとチャドは酷似しているけれど、「青の濃さ」が若干違うのだとか。へえ〜!!!

Licensed material used with permission by ferdio

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。