ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今日は子どもの日!大人女子こそ菖蒲湯で美人に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月5日は男の子の成長を祝う端午の節句です。勇ましい鯉のぼりに柏餅やちまきが有名ですが、菖蒲湯なら女性だって美しくなれちゃいます!

端午の節句にどうして“菖蒲湯”?

みずみずしい菖蒲は、ちょうど端午の節句の時期に花を咲かせます。この時期は季節の変わり目でもあり、体調を崩しやすい時期。そこで、端午の節句には、邪気を払うということで菖蒲湯に入ったり菖蒲酒を飲んだりする習慣ができたのです。中国では、菖蒲は古くから薬草として使われてきました。「勝負」にもつながることから、男子の成長を祝うこどもの日に使われることになったのです。

菖蒲にはどんな効能がある?

菖蒲の有効成分はアザロンやオイゲノールといった精油成分です。菖蒲湯に入ることで、腰痛や神経痛を緩和する効果もありますが、女性にとって嬉しいのは精油成分の血行促進効果。全身の血行が促進されれば、冷え性も改善されますし、血液に運ばれて栄養と酸素がお肌に行きわたれば、ツヤツヤの美肌になれます。保湿効果もあるので、モチモチの美肌だって期待できるんです。菖蒲の香りにはリラックス効果もあるので、今日はゆっくりと菖蒲湯に浸かって日頃の疲れをいやしてみてはいかがでしょう。

簡単にできる! “菖蒲湯”のやり方

この時期、菖蒲湯に使う菖蒲はスーパーなどでも扱っていて、手に入りやすくなっています。1回の菖蒲湯に使う菖蒲は10本を目安にしましょう。菖蒲を輪ゴムなどで束ねてお風呂に入れるだけで簡単に菖蒲湯ができます。いつもより、少し熱めのお湯にすると菖蒲の香りが良くたちます。ただし、入浴の時は、少し冷まして適温のお湯に入るようにしましょう。菖蒲の葉の部分はいい香りですが、実は血行促進や保湿効果があるのは茎の部分です。菖蒲湯には茎の部分も一緒に入れましょう。

試してみる? 菖蒲酒で疲労回復

大人女子なら菖蒲湯だけでなく、菖蒲酒も試してみてはいかがでしょう? 作り方は簡単、菖蒲酒には菖蒲の根に近い部分を使います。キレイに洗って2mm幅に刻んだら、日本酒に入れるだけ。30分程して菖蒲の香りが日本酒に移ったら出来上がりです。食欲増進や疲労回復の効果があるので、GWで遊び疲れた体を癒して、週明けにはバリバリ仕事ができるように備えてくださいね。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP