ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

各地でこんなに違う!全国の高校生、夏休み期間まとめ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏休みは学生にとって、特別な思い出を作ったり、自分の好きなことに打ち込んだりできる絶好の機会です。ですが、各地の気候によっては夏休みの期間に違いがあります。そこで今回は日本全国の夏休み期間の違いをまとめてみました。

高校生の夏休みが、もっとも短いのは長野県

夏休みの期間は、終業式と始業式の日取りが、その年の曜日配置に影響を受けるので、毎年決まった日数というわけではありません。また、同じ地区でも学校によって違いがありますが、2015年の公立校の平均的な夏休み期間を参考にすると、最も短いのは長野県の22日となり、次いで北海道の25日間となります。

四国、九州地方は高校生の夏休みが長い

四国・九州地方は、高校生の夏休みが長い県が多い傾向にあります。四国では香川県の38日、九州では宮崎県の40日を除いて、他の県はすべて45日間も夏休みがあります。ちなみに、沖縄では39日間と、九州や四国と比べると少し短くなっています。

地域別の夏休み平均期間

地域別に高校生の夏休み期間の平均を見てみると、北海道25日、東北33日、関東41日、中部39日、近畿42日、中国42日、四国43日、九州44日、沖縄39日となります。北海道や東北は、夏休みが短いですが、その代わり冬休みが長くなります。

重要なのは長さよりも過ごし方

気候や地域の教育委員会の方針で、同じ高校生でも夏休みの期間に違いがあります。しかし、重要なのは長さよりも、どのように過ごすかだということを意識して、充実した夏休みを送るようにしましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

高校生のうちに!筋トレでキレイなスタイルをキープ!
知って納得!高校生からチャレンジできる資格を紹介します

スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP