ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

73才で高校卒業の女性 卒業式の1週間前に顔パック初体験

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 73才の女性・陣内シヅ子さんが、佐賀県立佐賀北高校の通信制を卒業したことが話題になっている。シヅ子さんは、6人姉妹の四女として生まれた。母親の意向で、行けたのは中学まで。卒業後は、洋裁学校に通った。

 シヅ子さんは、「高校に通いたい」という思いを持ったまま、子育てをし70代になろうとしていた。そんなとき、背中を押したのは長男の妻・貴子さんだったという。「したいことをする」、そう決意してシヅ子さんは孫と同時期に卒業できるよう高校へ入学した。

 73才という年齢だと、体力や記憶力、といったことが気になるところだ。しかし、シヅ子さんの高校生活は、それらとの闘いだけではなかった。

 どんなに元気でも、若者と一緒に教室に座っていても、70代という年齢は体に表れる。2013年3月に白内障の手術のため、勉強の時間を減らさなくてはいけない時期があった。また入学してから、2度の骨折で車椅子生活を余儀なくされた時期も長かった。

「私は骨は強いけど、ぽきっと折れる。買い物行ってつまずいて、それで左足の甲を骨折しよったけん。入学した年に骨折して、次の年の夏にも骨折。そのたびに車椅子。2度目に車椅子に乗ってたら、友達に“また骨折ね”って言われたりもしたねぇ。でも若い人の中にばあちゃんが1人いる。みんなが楽しそうにしているの見とっただけで楽しかった。学校もそうだったけど、若い子からもパワーをもらった」(シヅ子さん)

 無事卒業が決まった時、孫娘(18才)は「ばあちゃん、よかったね。おめでとう、本当によかったね」と喜んでくれた。息子たちは「口では誰でも言えるけど、なかなか行動はせんもんね。それにおれが教えたから卒業できたって言うけど、母さんが自分でしたけん、できたとよ」「棺桶に卒業証書入れたる」などと言って祝ってくれた。

 そして卒業式の1週間前、シヅ子さんは生まれて初めての顔パックをし始めた。そのかいあって、当日は化粧ノリ抜群。髪の毛には紫色のスプレーをしてもらって、羽織袴で出席した。

「勉強は嫌とは思わんかった。難しかねとは思いよったけど、わかってきたら面白いっていうのもあった。学べるってことは幸せだし、パワーにもなるんだから」

 そう話すシヅ子さんは、「good」と書いてある英語のレポート用紙を、何度も手のひらで撫でていた。

 シヅ子さんは、この4月から佐賀・唐津にある服飾・家政の専門学校の新入生となった。車と電車を乗り継いで片道2時間弱。「今の洋裁の教え方でいいのか」「もっと最新の方法があるのではないか」という思いを胸に、その門を叩いたという。

「覚悟があったらどんなことでもできると思わんと。70才だからダメって、それは自分で決めとるだけやろ。やろうと思えばできる」

 目をキラキラさせるというのはこういうことをいうのか。

 そういえば私の夢って何だったっけ? いつかまた夢を追いかける日がくるのか? いや、そもそも追いかけたい夢が出てくるのか? でも…夢見るって、いいなぁ…。どこまでも清々しいシヅ子さんの声を聞きながら、そんなことを思った。

※女性セブン2016年5月12・19日号

【関連記事】
紅白出場者最少県は石川(1人)次点は福井、鳥取(2人)
73才の女子高生 「パソコンはいまでもできん」
73才の女子高生 この春孫と一緒に卒業し「いちばんうれしい」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP