ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ピクサー展であの人気キャラクターの気分を味わう!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ピクサー展であの人気キャラクターの気分を味わう!!
J-WAVE月曜−木曜の朝6時からの番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「TEEN’S AVALON」。高校生を中心とするティーンズレポーターが10代の関心を届けてくれるこのコーナーですが、今週は高校3年生の石崎日梨さんが、東京都現代美術館で開催中の「ピクサー展」を紹介しています。

「ピクサー展」はスタジオ設立30周年を記念した企画展。連日たくさんの来場者でにぎわっています。番組では、東京都現代美術館の学芸員・森千花さんに案内していただきました。

早速大きなスクリーンの前に立った石崎さん。何が起きるのかわからず、ドキドキしています。

石崎:森さん、これからどんなことが起きるんでしょうか?

:これは「アートスケープ」といいまして、映像のインスタレーションになっています。さまざまなアーティストたちの額装の作品にカメラが近づいて、絵の中に潜り込んでいく、臨場感あふれる作品です。

実際の映像が流れはじめると、「海の中を泳いでいる気持ちになりますね!」と興奮気味の石崎さん。

:たとえば『バグズライフ』なら、昆虫の目を通して見た、生命感あふれる世界だったり、『カーズ』ならアメリカの大自然だったり、『ファインディング・ニモ』だったら海底の世界とか、映画ごとに違った世界が楽しめます。それぞれの作品に入り込んでいける映像作品になっています。

石崎:それぞれのキャラクターが生きている世界に行けるっていうことですね!

:迷い込んでしまったような錯覚に陥ると思います。

ピクサーの世界観が、10メートル幅の巨大スクリーンに投影されるユニークな展示は、キャラクターの目線で想像力をいろいろ刺激されそうです。この「ピクサー展」、5月29日(日)までの開催です。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。