体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビッグ5を見にいこう − 南アフリカのサファリ体験ガイド(前編)

南アフリカはサファリを楽しむのに絶好の場所です。ライオン、サイ、ゾウ、ヒョウ、バッファローを間近で見ることができます。「ビッグ5」と呼ばれる動物たちに出会う準備はできましたか?

where-to-find-the-big-5-the-ultimate-guide-to-wildlife-safari-in-south-africa-via-just1wayticket-photo-martin-harvey-alamy

私は子供の頃から、アフリカのサファリに行くのを夢見ていました。ストローハットをかぶり、ベージュ色の服を着て、オープンカーに乗って、ライオンを眺める自分の姿を妄想していました。本当に、なんでこんなに長い間待ったのかわかりません。2ヶ月前に私は夢見るのをやめて、ずっと憧れていた夢を叶えに行きました。

ヨハネスブルグへ飛び、世界的に有名なクルーガー国立公園を訪れるために、リンポポ地方へ1ヶ月間の旅行を計画したのです。

私は茂みの中にあるロッジに宿泊し、サファリツアーに参加して、ビッグ5を探し、南アフリカの壮大な自然を満喫しました。

どうだったかって?
この一言に尽きます…。「最っっ高!」
毎日野生動物を見るのに没頭してしまいました。決して飽きません。自然の状態でこの美しい生き物たちを見られたのは、今までの旅の経験の中で最も感動したことの一つです。

SNSで数えられないほどの数の野生動物の写真をシェアしたら、私をフォローしてくれている人たちから、どうやって南アフリカでサファリツアーに申し込み、どこに泊まって、いつ行ったらいいのか、といった質問がたくさんきました。

だからこの記事は役に立つと思います! あなたも南アフリカの美しい自然の中を探検し、野生動物がたくさんいる文化に富んだその国を訪れたくなってしまうはずです。人生の思い出に残る旅になるはずです。そして一度行くと、また戻ってきたいと必ず思います。アフリカは魔法の場所ですから。

africa

南アフリカのどの地域が、サファリツアーに適しているのか

北部にあるリンポポは、最高のサファリツアーを体験するのに完璧な場所です。クルーガー国立公園の近くはどこも野生動物がたくさんいて、観光客にとても人気です。

クルーガー国立公園は、アフリカで最も広い動物保護区です。150種類以上の鳥類と100種類の両生類、148種類の哺乳類が棲んでいます。ここの国立公園も見逃せません。それについては後で書きますね。

膨大な数のプライベート動物保護区やサファリキャンプがあり、ロッジも安いものから豪華なものまで様々な種類があります。最も人気のある動物保護区は、Sabi Sand、Thornybush、Timbayati、Makalali、Manyeleti、Baluleです。このうちのどれかを選んでおけば、間違いありません。

これがリンポポ周辺のすべての動物保護区が載ったマップです。

1432033519

どうやって行けばいいのか

ヨハネスブルグから最も簡単なルートは、ホエドスプルート空港へ直接飛ぶルートです。サウス・アフリカン・エクスプレスだけが、このルートを運航しています。フライトは高額になりがちなので、事前に予約し、日付は柔軟に変えられるようにしておくことをおすすめします。格安チケットを見つけたいのであれば、Skypickerをチェックしてみてください。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy