ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

この「PICTAR」に装着するだけで、iPhoneが本格的なカメラに大変身!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

簡単に、ある程度綺麗な写真を撮影できるiPhone。しかし、いざという時に手ブレを起こしたり、うまく被写体を捉えられなかったり…なんてことはありませんか?

そんな悩みを解決するのが、このiPhone用カメラグリップ「PICTAR」。しかも驚くべきは、決して“安定性”だけではありませんよ。

iPhoneでも
手ブレ知らずの写真が撮れる

このようにしてiPhoneをセット。

しっかりとグリップを握ることで、シャッターチャンスでイメージ通りの写真を撮影可能。

グローブを着用していても、安定して写真が撮れるというわけ。さらに…

驚きなのは、ここから!

上のように、このグリップには様々な「便利機能」が搭載されているのです。

【オートフォーカス】

シャッターボタンの半押しでピントを合わせます。

【ズーム】

ダイヤルでズームも。

【露出補正】

明るさの調整も。

【撮影モード切り替え】

「スマートホイール」には、撮影モードの切り替えやシャッタースピード、ISO感度の変更といった機能を割り当てることが可能。

【正面/背面カメラ切り替え】

セルフィーでも重宝します。

【三脚用ネジ穴】

底には三脚用のネジ穴を装備。セルフタイマーを使えば、集合写真だってバッチリ。

サイズが調整できるため、ほとんどのシリーズのiPhoneに対応している点もありがたいですね。

この「PICTAR」は現在、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金調達中。期限まで約1ヶ月を残しながら、すでに目標金額の1.7倍の額を達成するなど、期待値の高さが伺えます。

現時点の最安値は90ドル(約9,600円)で、お届けは2016年11月を予定している模様。正直コレ、かなり使えるアイテムなのでは!?

PICTAR by miggo – Official Video from mymiggo on Vimeo.

Licensed material used with permission by PICTAR

関連記事リンク(外部サイト)

Appleの躍進を支えた「第4の男」を知っていますか?
とある男性が2年間かけて編み出した「iPhone 6」を使った、360°撮影法がカッコイイ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP