ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「グローバル」の連呼はやはり怪しむべきかという話

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 文部科学省が進めてきた「スーパーグローバル大学」(SGU)構想が、予定していた支援額が低く、各大学から「詐欺だ」と批判を浴びている。コラムニスト・オバタカズユキ氏が考える。

 * * *
 民主党政権だった頃、内閣府に行政刷新会議が設置され、そこで連日のように「事業仕分け」の様子が報道されていた。行われたのは2009年の11月で結構前のことだから、もう忘却の彼方だという人も多いかもしれない。国家予算の見直しで、事業が必要か否かの判定を「仕分け人」たちが公開の場で下していった試みである。次世代スーパーコンピューター開発の予算削減に際し、蓮舫が「世界一になる理由は何があるんでしょうか? 2位ではダメなんでしょうか?」とバサバサ捌いて話題になったアレである。

 当時の蓮舫のああした振る舞いが良かったかどうか、コトの是非は横におく。その上で実際にはありえない「もしも」の話なのだが、彼女が今も仕分け人であったら、ぜひとも捌いてほしい件があるのだ。スパコンの件は文科省予算の仕分けを担当していたわけだが、こんども相手は一緒。「スーパーグローバル大学」(SGU)構想を推進している文部科学省の担当者を吊し上げてもらいたいのである。

「朝日新聞によりますと、選出された当の大学からSGU詐欺だ、という批判の声があがっているそうです。同構想は失策だったのではないでしょうか。そもそも“スーパーグローバル”という和製英語は英語圏で通じません。直訳するとしたら、“超地球上の”? まるで意味不明です。日本人ですらよく分かっていない造語を内輪でまわしているだけ、つまり、その姿勢からしてグローバル時代から落ちこぼれているのではないですか?」

 私は政治家としての蓮舫の支持者ではないが、言ってくれたらスッキリすると思う。大学改革を主導する中央の人たちがどれほどその道に不案内で、なおかつ、そういう頓珍漢なオカミの顔色ばかりを伺って「現場改革」に勤しんでいる大学がどんだけヒラメ人間の集まりなのか、白日のもとに生中継でさらしたらいいと思うのだ。文科省や大学にも当然、反論があるだろう。だったら、堂々とした公開議論をぜひ拝見したい。

 SGU構想は、一昨年の9月にその選定結果が発表された。〈若い世代の「内向き志向」を克服し、国際的な産業競争力の向上や国と国の絆の強化の基盤として、グローバルな舞台に積極的に挑戦し活躍できる人材の育成を図るため、大学教育のグローバル化のための体制整備を推進する〉という文科省の大義名分のもと、旧帝大や筑波大、東京医科歯科大などの国立大と早慶の計13校を世界の大学ランキングトップ100入りを目指す「トップ型」に選定し、国が各大学に年4.2億円、10年間の財政支援をすることとなった。そこまで認められなかった24校は「グローバル化牽引型」とされ、同じく年間1.7億円の支援が決まった。

 この選定の対象になるべく、多くの大学がグローバル的なカリキュラムを増やし、そのために組織改編もし、あれやこれや学内をいじくった。そのエネルギー総量は相当なもので、通常業務をこなしながら、オカミ向けの提出書類作成に忙殺される教員たちからの悲鳴がよく聞こえたものである。

 鳴り物入りのSGU構想だったから、選定された大学は時代の波に乗った勝ち組としてのイメージを強く打ち出せるだろうと思われた。なので、私はこのNEWSポストセブンで、そこまでエネルギーを投じられない弱い大学と、強引にでもお墨付きをもらえる強い大学との格差が拡大するだけではないか、と批判的に書いた。

 しかし、私は甘かった。選定結果の発表から1年半あまりで、まさかの「SGU詐欺だ」批判がおきていた。報じた朝日新聞によると、実際に2015年度の平均支援額は、「トップ型」で2億8800万円、「グローバル化牽引型」1億3100万円だったのだそうである。フタを開けたら少ないじゃないか、と選定された各大学が愚痴っているそうなのである。

 要は、選定の対象になるために投じたコストのもとがとれそうにない、となったわけだ。なかには留学生の割合の数値目標を達成するために、留学生の授業料を減免していたのだが、その見直しを検討し始めた大学もあるという。SGUに選ばれたことを受験生集めで謳った宣伝費用ということで割り切ればいいのに、そこまで宣伝効果がなかったのだろうか。結局、その損を学生の負担増で埋めようとしている。

 朝日新聞の記事内では、「びっくりするほど支援の額を値切られた」(東日本の大学トップ)、「あれだけぶち上げておいてこれか」(西日本の大学)、「今も納得していない。でも、『文部科学省さま』に文句は言えない」(関東の私大)といった「声」が紹介されている。記事は有意義だが、ぜんぶ匿名か。日本の大学、情けないったらありゃしない。

 文科省も頼りない。私がかつてした批判は外れてしまった。格差の拡大につながるほど、金をばら撒けないのである。これからはスーパーグローバルだあ、とぶち上げて、札束ちらつかせて、それは見せ金にすぎなかったみたいな話だ。日本の教育予算支出の対GDP比が世界的に低いことはよく知られているが、あまりに手口がせこくて、この国は本当に貧乏なんだなと不安になってくる。

 経済的にも不安だし、おエライさん方の頭脳も心配だ。和製英語の「スーパーグローバル」を指して、〈西日本の大学の担当者は「なんで国内向けはわざわざ妙な名前にするのか。海外向けに翻訳する際、直す手間がバカにならない」とあきれ〉ていると記事にあったが、国も大学もやっていることがちっちゃい。どうでもいいところで空回りしている。

 だいたいが、「グローバル」のロクな定義を聞いたことがない。「グローバル」と言っておけば、とりあえず時代にキャッチアップみたいな単なるノリ、その中身はいかようにも解釈できるマジックワードとして使われまくっている言葉ではないか。「グローバル人材」という造語もよく見るが、あれはなんなんだ。日本語にしたら「地球人材」。わけが分からないではないか。世界中の人間を同胞と考える世界市民主義の「コスモポリタン」とは、もちろん関係ない。一昔前に「国際人」という、これまた考えるに意味不明な言葉が流行ったが、きっとその横文字版以上でも以下でもないのだ。

「国際人」を和英辞書でひいても出てこない。国際的な場ではそんな概念などないからだ。地球に住む人間が自分たちのことをわざわざ「地球人」と呼ばないのと同じことである。「我々、地球人としては」と真顔で語り出したら、頭のネジが飛んでいると怪しまれるだろう。そういうことだ。

 スーパーグローバル大学をこしらえるだけの金はないし、それ以前に、そこで養成しようという「グローバル人材」が具体的に何なのかも実体がない。

 たしかに、「SGU詐欺」とは言い得て妙なのである。詐欺師は口がうまくて、中身がない。だから、「グローバル」を連呼する者がいたら思いっきり怪しんで我が身を遠ざける、そういう振る舞いがこれからは必要らしい。

【関連記事】
ほんの僅かなグローバル企業が国家を飲み込む姿を紹介した本
中野剛志氏が編集 TPPの問題点を専門家7人が解説した本
大前研一氏 ユニクロや楽天の英語狂想曲は「日暮れて道遠し」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP