ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

その咳や鼻水の原因は何?ウイルスか細菌かで異なる対処法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「風邪をひいたので抗生剤を処方してもらった」。よく聞く話ですが、実はこれは必ずしも適切だとはいえません。知っているようで知らない風邪の症状とその原因、対処法についてのお話をご紹介。

そもそも風邪とはどんな状態のこと?

風邪とは「かぜ症候群」と呼ばれるもので、「上気道炎」のことを指します。上気道炎とは、ウイルスや細菌が鼻・咽頭といった気道の上の臓器に感染する病気。上気道炎が起こる病原体の90%はウイルス(ライノウイルス・コロナウイルス)で、ほとんど重症化することはありません。すなわち風邪とは「何らかのウイルスが鼻や喉に感染し、鼻水や咳を伴う感染症」のこと。このウイルスを退治できるのは人間の免疫力だけです。薬で死滅させることはほとんどできません。したがって風邪薬というのは鼻水を出にくくしたり、咳を鎮めたり痰を出しやすくするための対処療法となります。

細菌性の感染症の場合がある

同じような症状でも風邪ではなく細菌性の感染症の場合があります。ウイルス性の感染症は鼻と喉、胃と腸など複数の臓器に同時に感染しやすく重症化しにくいという特徴があります。しかし、細菌性の感染症の場合は1か所の臓器に感染し症状が集中します。例えば、鼻に感染した場合は副鼻腔炎、喉に感染した場合は扁桃炎、肺に感染した場合は肺炎という病気になるのです。細菌性の感染は重症化する場合があり、抗生剤や抗菌剤で動きを止めたり死滅させたりすることができるので、抗生剤が処方されることもあるわけです。

抗生物質の使い過ぎが懸念されている!

ウイルス性と細菌性の病気について簡単に説明しましたが、人間の体はもっと複雑です。ウイルス性の病気から細菌性の病気を併発することもありますし、カビや原虫が原因の病気もあります。同じ症状が長く続いたり、酷くなっていく場合には、自己判断では危険で医師の診断も必要になってきます。ウイルス性以外の病気の場合、抗生剤や抗菌剤が良く効くこともありますが、抗生剤の使い過ぎによって薬に耐性を持った細菌が世界中で増えており、死者も増えていることから、できるだけ抗生剤を処方しないよう各国で対策が進められています。

風邪の症状が出て、とりあえず風邪薬を飲んでも良くならない場合は医師に診察してもらいましょう。そして抗生剤に頼らず免疫力で対抗できる強い体を作りたいものです。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP