ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・アルバム・チャート】ビヨンセが新作で首位デビュー、TOP10圏内にプリンス5作品ランクイン

DATE:
  • ガジェット通信を≫
【米ビルボード・アルバム・チャート】ビヨンセが新作で首位デビュー、TOP10圏内にプリンス5作品ランクイン

 ビヨンセの6thアルバム『レモネード』が、初動65万ユニットを突破して、首位デビューを果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 4月23日に、夫ジェイ・Zの音楽配信サービス、TIDAL(タイダル)から急遽リリースされた、ビヨンセの6枚目のスタジオ・アルバム『レモネード』。翌日にはiTunesでもダウンロードが可能になり、1週間で50万枚近いデジタル・セールスを記録、収録曲のストリーミング数を含めると、通算65万ユニット以上の初動を獲得した。また、本作に収録されている12曲が、今週のソング・チャート100位内に全曲ランクインするという快挙を成し遂げている。ビヨンセは、2003年のデビュー作『デンジャラスリィ・イン・ラヴ』から本作『レモネード』まで、6作すべてのアルバムが全米アルバム・チャートで首位デビューを果たしている(デスティニーズ・チャイルドの『サヴァイヴァー』を含むと7作目)。

 その内容も充実していて、これまでにはなかったような、ロックチューンやブルース、レゲエなどを取り込み、質の高い楽曲が揃っている。評論家からの評価も高く、ローリング・ストーン誌とタイニー・ミックス・テープスの両方で満点を獲得し、メディアも大絶賛している。4月27日からはワールド・ツアーがスタートし、ライブ中には追悼の意を表し、プリンスの「パープル・レイン」を会場と合唱するシーンもあったりと、アルバムのみならず、ライブのパフォーマンスも注目されている。本作はパッケージ(CD)の発売も予定されていて、海外では5月6日に、国内盤は今年の夏にリリースされる。

 ビヨンセのセールスには届かなかったが、40万枚という驚異的なユニット数を獲得して、2位にランクインしているプリンスのベスト盤『ザ・ベリー・ベスト・オブ・プリンス』、今週だけで15万ユニットを売り上げた3位の『パープル・レイン』、続いて10万ユニットを突破した、4位の『ザ・ヒッツ&Bサイド・コレクション』と、プリンスのタイトルが引き続き、上位を独占している。また、先週は61位だった『アルティメイト・ベスト』が6位に、先週31位の『1999』が7位に、一気にランクアップを果たし、TOP10内に5作を、200位内に20作を送り込むという異例のヒットを記録している。

 8位にランクインしたのは、NY出身のラッパー、エイサップ・ファーグの2ndアルバム『オールウェイズ・ストライヴ・アンド・プロスパー』。2013年のデビュー作『トラップロード』で獲得した、最高位9位を上回り、2作連続のTOP10入りを果たした。TOP10以下では、クリスチャン・ヒップホップのNFの3rdアルバム『セラピー・セッション』が12位に、19位にはテキサス州出身のオルタナティブ・バンド、ブルー・オクトーバーの3年ぶりとなる8thアルバム、『ホーム』がランクインした。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、4日22時以降となります。

◎【Hot200】トップ10
1位『レモネード』ビヨンセ
2位『ザ・ベリー・ベスト・オブ・プリンス』プリンス
3位『パープル・レイン』プリンス
4位『ザ・ヒッツ&Bサイド・コレクション』プリンス
5位『アンチ』リアーナ
6位『アルティメイト・ベスト』プリンス
7位『1999』プリンス
8位『オールウェイズ・ストライヴ・アンド・プロスパー』 エイサップ・ファーグ
9位『トラヴェラー』クリス・ステイプルトン
10位『パーパス』ジャスティン・ビーバー

関連記事リンク(外部サイト)

5月13日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
5月13日付 Billboard Hot 100 全米ソングチャート
レディオヘッドがウェブ上から失踪、一部ファンに謎のチラシ届く

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。