ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【えひめ最新レポ】 道の駅のおいしすぎるジェラート 内子編

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「ジェラートがおいしい」――地元の方に言われたそのひとことで、まだ寒さが残る3月はじめだったにもかかわらず、頭の中はジェラート一色に。場所は、愛媛県内子町にある道の駅、内子フレッシュパークからり。到着してすぐ、ジェラートを食べに走りました。
ジェラートを販売するのは、道の駅の敷地内にある「からりシャーベット工房」。平日だったのもあって誰も並んでいなかったのはラッキーで、種類は豊富にありました。バニラ、苺ミルクなどの定番をはじめ、もち麦、じゃばら、紫いも、とまとソルベなど、内子ならではの味も。どれにしようか迷っていたところ、「おすすめ」のPOPがついていた苺にしました。この苺も、もちろん内子産。

カップに入れてもらった苺のジェラート。小田川の清流を眺めるテラスに座り、ひとくち食べてみると、まるで苺そのものを食べたかのような味わい、ヒンヤリとしたシャーベット感が一瞬で伝わってきました。とにかく味が濃厚、おいしい苺を使っているからこそでしょう。あっという間に完食してしまいました。
ほかに、花粉症が気になる人には、じゃばらがおすすめだそう。季節ごとにさまざまな味が登場するので、その時に旬の野菜、くだものの味が一押しです。ダブルやトリプルも可。内子産の苺といえば、紅ほっぺ。その後に道の駅で紅ほっぺのパックも買って帰りました。
内子フレッシュパークからりには、絶品ですぐ売り切れるからりブレッドを販売する「からりパン工房」、B級グルメで話題の「内子豚もろみ焼バーガー」を販売するショップのほか、レストランや農作物直売所も大人気。せっかく内子に来たなら、是が非でも立ち寄りたいスポットです。

えひめいやしの南予博2016http://www.iyashinonanyo.jp/内子フレッシュパークからりhttp://www.karari.jp/内子さんぽhttp://www.we-love-uchiko.jp/【Nicheee!編集部のイチオシ】
都内で最も多い郷土料理店は・・・?
【大分「珍」グルメ】 大分人が誇る郷土スイーツ「やせうま」
高級「牛」の松阪は「鳥」も名物

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP