ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

健康的な食生活を目指すなら、赤肉は週に500グラムまで?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

肉好きにとっては耳が痛くなる話かもしれません。「ThinkProgress」によれば、「オランダ栄養センター」が発行した健康的な食事のガイドラインにおける赤肉の推奨消費量が、週500グラム以下にアップデートされました。およそ1日70グラムです。

人によってはこの量に物足りなさを感じる人もいるかもしれませんが、これはその他の国々でも同じようにして推奨されている基準に近いもの。決してオランダに限った話ではないんですね。

もっと言えば、
赤肉は300グラム以下が◎

健康的な食生活を目指すなら、赤肉は週に500グラムまで?

世界がん研究基金」は、赤肉(牛・豚・羊・ヤギ)や加工肉(燻製・塩漬・保存料入)の消費を出来るだけ抑えるようにと公表しています。理想は週300グラム以下に抑えるべしとのこと。日本では過去に「がん予防15か条」が紹介され、その他イギリスの「世界保険サービス」でも同様の基準が設けられています。

いずれも、より健康的な食生活を築くためには、赤肉の代わりに鳥肉や魚、穀物から植物性タンパク質を積極的に取るように奨めるもの。改めて毎日の食事を振り返ってみて、500グラムという数字にどんな印象を覚えるでしょうか?考えちゃいますね。

Q.この1週間に500gという基準についてどう思う?
足りない!
そんなに要らない。
それよりもっと野菜を取らなきゃ…。
肉は一切食べません。

Reference:ThinkProgress,Netherlands Nutrition Centre,WCRF,NHS

関連記事リンク(外部サイト)

【科学者がYES!】毎日幸せが続く、シンプルな習慣7つ
行動に現れる「愛犬の性格」とは?(イラスト8枚)
指の関節を「ポキポキ」鳴らすと、どうなるの?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。