ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

出産ラッシュ日!分娩室が空かず、病室で赤ちゃんの頭が出てきた!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

初産で陣痛がどんなのかもいまいちわからず、

「これかな~」

と迷いつつ、午前中に病院へ。

出産ラッシュとのことでモニターが空いておらず、陣痛の強さを確認できないまま、子宮口が少し開いていたことと出血があったことで入院になりました。

いざモニターをつけてみると、陣痛とはいえないほどの微弱陣痛。

痛みに苦しむこともなく、呑気に昼ごはん、おやつ、夜ごはんを堪能してしまいました!

「これじゃ日を跨いでしまう」

と、20時にスクワット!

陣痛が来たら、ヨガの呼吸法で大地を感じることと、愛猫の“お股おっぴろげリラックスモード”!と、イメージをしながらのんびり過ごしてました。

21時面会時間終了で、出産経験者でもあり当時妊娠8ヶ月だった姉を残し、他の家族が一旦帰宅。

直後、『痛いな』と思う陣痛が!

でもモニターはそんなに振れてない…?

姉が『おかしい』と看護士さんに伝えると、まさかの付ける位置がずれてて陣痛拾えてなかった!

実は最強クラスの陣痛、間隔も8分。

「ほらー!痛いと思ったもーん!」と訴えたのが21時半。

そこから猛スピード!あっという間に4分…2分…

姉が分娩室の空き状況を見に行くと、空いてない!!

22時過ぎ、

「いたーーぁあい」

と叫びまくり、部屋中に響き渡る声。

なんと『頭見えてます』という看護士さん。

「無理無理無理ー!ここで産むー!!」

看護士さんが、

「おっきな声出したらだめー!赤ちゃんびっくりするでしょー!ここでは産めないのー!こっちをしっかり見てー!」

ここから私は放心状態。

でも記憶はしっかりある…。

22時半すぎ、見えてきた赤ちゃんの頭を看護士さんに押さえられ、車イスに無理やり乗せられ、分娩室へ移動。

まだ休んでいた、直前に出産を終えた方に別部屋に移っていただき、22時40分頃なんとか分娩台に乗れた。

陣痛は1分間隔。

痛みが来る度に助産師さんが頭を押さえ、おさまると分娩準備。

周りが慌ただしく走り回り、なんとか環境が整った。

やっと産める…

23時8分、2,925g。ご対面…温かかった。

生きてる。

泣いてる。

いきまずに上手に力が抜けてたから車イスで産まれずに済んだ…。

力の抜き方が上手すぎて、誰も予想できないほどの猛スピードで降りてきた笑

その日、病院では9人の赤ちゃんが産まれました。

私の子はは8人目。

でも看護士さん助産師さんの印象に残るひとりだったそうです。

無事に産まれてきてくれてありがとう。

今も元気に育ってくれています。

ちなみに姉も無事出産しました。

私のあまりにも壮絶な出産に立ち会い怯えていましたが、姉は無痛分娩だったので平和に終わりました。

著者:ちーはー

生後6ヶ月半、女の子のママです

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

2人目はトゥルン!
初産だけど予定日当日にスピード出産!赤ちゃんと主人と3人で頑張った出産
23歳で初産経験

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP