ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラジオ番組開始の三浦翔平 日常の小ネタに目を光らす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 前クール放送のドラマ『ダメな私に恋してください』(TBS系)では、ヒロインの深田恭子に恋する“最上くん”に扮し、劇中でのプロポーズに世の女性のハートをキュンキュンさせた三浦翔平(27才)。「理想の年下男子」として、新たな魅力を開花させた。

「(フラれて)出なくなってから街でも“最上ロス”の反響がすごくて。ドラマ離れなんていわれたりもするこのご時世に、これだけ話題になって、うれしかったですね」

 途切れなくドラマに出演し、役者として波に乗る三浦。今年は活動の幅を広げて、新春からはNHKでリオパラリンピック番組のナレーションを担当。4月からはNACK5でラジオ番組を持つなど、声の仕事にも挑戦している。

「小学生の頃はミニバス(ミニバスケットボール)でハンディーキャップのある仲間と一緒にプレーをしていたので、障害者スポーツは特別に意識することもなく、身近な存在でした。先日は、目の不自由な選手がマラソンで全力疾走する姿に感動したんです。若い世代にも関心が広がるように、心を込めてナレーションをしています」

 もともと、声の仕事にはとても興味があったのだという。

「ラジオが好きで伊集院(光)さんの番組とか、よく聴いていたんですよ。NACK5にも好きな番組があった。土木作業員のバイトをしていた頃は、放送日になると決まって親方と『あれだ、あれだ!』と周波数を合わせて、お気に入りの番組を現場で聴いていましたね」

 自身の名前が入った冠番組『Its’翔time』では、「赤丸急上翔」など遊び心溢れるコーナーを設け、最近関心のある出来事など私生活を語る。ファンにはたまらないが、本人としては…。

「最初は自分も楽しかったんですが、数回やると『やばい、ネタがない!』って(笑い)。日々の生活でもラジオを意識していて、例えば、今飲んでいるコーヒーが実はすごいにがいとか、日常の小ネタに目を光らせています。

 基本的にカッコつけないで、ドジ話もどんどんしちゃいますよ。最近はお酒で失敗しました。信頼できる男友達と盛り上がって飲みすぎてしまい、男2人に“お姫様抱っこ”されて帰宅したんですよ」

撮影■中村功

※女性セブン2016年5月12・19日号

【関連記事】
さだまさしが愛をこめて描く深夜ラジオ小説『ラストレター』
紅白歌合戦 正月特番から大晦日に日程変更された意外な理由
小島慶子 「ネットとの親和性が高い」とラジオの魅力語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP