ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

豊臣家滅亡も木下藤吉郎に繋がる木下家19代目は健在

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月から新編「大坂編」に入り、視聴率が右肩上がりのNHK大河ドラマ『真田丸』。同作に登場する人物の実際の「末裔」はどんな人なのだろうか。

『真田丸』第14話でついに登場した天下人・豊臣秀吉。小日向文世が怪演している。

「4月は3代目の俊長が祀られている横津神社(大分県速見郡日出町)の大祭。5月は日出町主催の城下かれい祭り、10月は日出藩の守護神だった若宮八幡宮の例大祭があり、年に3回は当主として行事に出席するために日出町に行きます」

 そう胸を張るのは木下藤吉郎(豊臣秀吉)に繋がる木下家の19代目当主・木下崇俊氏(82)である。

 しかし、秀吉の病没後、後継者となった三男の秀頼は大坂夏の陣のあとに大坂城内で自害。豊臣家はそこで滅亡したというのが歴史の“常識”のはずだ。

「私は秀吉の正室・ねねの兄、木下家定の三男延俊を初代とする旧日出藩木下家の19代目なのです。菩提寺・松屋寺での供養と墓参りでは家臣の集まりである『陽城会』の総会を執り行ないます。会員は109人ですが、毎回70人ほどが集まります。総会といっても、ただの酒盛りですけれどね(笑い)」

 そんな崇俊氏、地元では親しみを込めて“お殿様”と呼ばれる。

「タクシーに乗った途端『殿、お帰りなさいまし』といってくれる。ありがたいことです」

※週刊ポスト2016年5月6・13日号

【関連記事】
変節漢といわれてきた藤堂高虎像を覆した本格歴史小説文庫版
第2子妊娠発表の木下優樹菜 健康的な美脚を大胆に披露
徳川方に捕縛された石田三成 再起誓いニラ雑炊を要求

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。