ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高齢者の記憶力定着には「反復する」「人を巻き込む」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 73才女性・陣内シヅ子さんが、佐賀県立佐賀北高校の通信制をこの春卒業したことが話題になっている。73才という年齢で記憶を定着させるのはさぞ大変だったのではないだろうか。

 認知症になる高齢者は7人に1人といわれているなか、脳トレをするなど生活環境しだいでは「脳は老化しない」「記憶力は低下しない」などといわれて久しい。実際シヅ子さんの話を聞いていると、「高齢になると記憶力が低下していく」という通説のほうが疑わしく思えてこないか。

 ズバリ、専門家に話を聞いた。自然科学研究機構生理学研究所の教授で、『記憶力の脳科学』(大和書房刊)の著者・柿木隆介氏はこう説明する。

「年齢と記憶についてまず申しあげたいのは、脳は30才を過ぎてからしだいに萎縮していくこと、そして60才を過ぎたころから萎縮のスピードが速くなるということです。これはもう仕方ないことです。ですから“高齢になると記憶力が低下していく”というのは、確かにそのとおりです。

 脳のいちばんのピークは15~20才ぐらいですから、受験の時期は、いちばん記憶力がいい状態。年齢を重ねるうちに、まずは短期記憶を司る海馬がやられていきます。そして長期記憶を保存する側頭葉や前頭葉はゆっくりやられていきます。

 ですから昔のことは覚えているけど、新しいことがなかなか覚えていられない。そういう意味では、73才の女性が、試験をするなどして高校を卒業するのは大変だったと思いますよ」

 有酸素運動、人と話すといい、新しい刺激を与える…、そんな脳トレが、記憶力の低下を防ぐといわれてきたわけだが、柿木氏は、「これらの効果の科学的な証明は難しい」と言う。

「例えば認知症に指を細かく使うといいなどと本に書いてあったりしますよね。じゃあ、よく指を使うピアニストが認知症になりにくいかっていうと、そんな科学的実証はないわけです。

 納豆をたくさん食べるといいともいわれますが、納豆をたくさん消費する県の人たちが認知症になりにくいかといえばそんなこともありません。有酸素運動をしている人は認知症になりにくいという証拠もありません。

 もちろん運動もしないよりしたほうがいいですし、納豆も体にはいいでしょう。でもそれで記憶力が低下しないという科学的証拠を示すのは困難です。いろんな人とかかわって、新しい刺激を受けるというのも、これがストレスになる人には逆効果。これをやれば認知症予防になるという科学的証明を得ている方法はないのです。実際、認知症患者は減るどころか増えているんですから」

 ではシヅ子さんの脳の中では、いったいどういうことが起こっていたのか? 柿木氏によると、彼女の高校生活には、「記憶力を定着させる」ヒントがあるという。

【反復する】
「実証は難しく、経験値としてわかっていることなんですが、例えば家族との旅行などの思い出や、自分の住所や電話番号はなかなか忘れません。これは印象が強かったり、重要であると認識しているからです。

 その女性は、英単語を1日に何度も何度も書いて覚えたそうですが、強烈な印象でなくとも反復させることで、いやがる海馬を叩いて、長期記憶にするわけです。この反復は記憶方法としては王道。嫌がらずに反復練習ができる人は記憶力がいい人ともいえます」(柿木氏)

【人を巻き込む】
 シヅ子さんは、わからないことを息子に聞いたり、親戚の女性や、市役所の人にいたるまで、臆することなく、なんでも聞いて回った。

「これは記憶の定着に大きくかかわります。いろんな人を巻き込むと、いろんなことが結びつきますから、そうやって覚えた知識は案外覚えているんです」(柿木氏)

 高校、大学時代、仲間で集まって勉強会をした記憶をたどってほしい。無駄なおしゃべりも多かったけれど、その後のテストではいい点数がとれたということはなかったか? また当時のことを案外覚えていたりしないか? シヅ子さんの脳では、まさにそれと同じことが起こっていたと思われる。

【リラックスしながら学ぶ】
 心を落ち着けて、集中して学ぶ―勉強の鉄則といえよう。

「リラックスできる場所で学習すると効果的であるといわれています。ただ人によってリラックスできる場所は違います。静かな場所が効率が上がると信じて疑わない人もいますが、そうではない。

 私たちは日常的に、周囲に音があるところで生活しているので、案外、学習する時も周囲に音があるほうがリラックスできる場合もあります」(柿木氏)

 シヅ子さんは、自宅の洋裁教室の中で勉強していた。そこは彼女がどこよりも居心地のいい場所だった。

【変化をつける】
 変化をつけると、記憶力が上がるわけではないが、記憶しやすいという。シヅ子さんは、洋裁教室だけでなく、息子さんの家で学んでもいた。

「要は、飽きさせないということが重要」(柿木氏)だそう。

【目標を持つ】
 孫と一緒に卒業する――シヅ子さんは、その夢を、家族や担任らに明かしていた。

「ダイエットもひとりで取り組むより、みんなに言ったほうが続きますよね。モチベーションが高まるんです。若い時もそうですが、高齢になればなるほど、漫然と何かをやるのではなく、目標を持つことが重要になってきます。モチベーションを上げて、さらに周囲に公言するのが記憶の定着に役立ちます」(柿木氏)

 昔から脳は10%しか使われていない、とか、余力があるといわれている。確かに脳は老化する。記憶力も低下する。しかし、シヅ子さんの学ぶ姿勢からは、ただただ脳トレといわれているものを実践するよりも、無限の可能性が広がるのを感じてやまない。それは彼女が絶対に譲れない夢を追い続けているからなのかもしれない。

※女性セブン2016年5月12・19日号

【関連記事】
話題の胎内記憶 胎児は脳でなく体で記憶しているとの見解
記憶力UP その事が自分にとって意味があるかないかが影響
近藤真彦長男が黒柳徹子と勝負 黒柳が太刀打ちできぬことも

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。