ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

参鶏湯は胃腸の力を高め質の良い血を増やしてくれる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 血液に関する健康法といえば「血液サラサラ理論」を連想する人が多いだろう。血がドロドロになって血流が悪くなり、倦怠感やめまいなどの悪影響を及ぼすことから、血液をサラサラにすることが体に良いという理論である。

 これに異を唱えたのが、『血流がすべて解決する』(サンマーク出版)の著者で漢方薬剤師の堀江昭佳氏だ。

「健康を左右するのは、血流です。血流を支えるために必要なのが血の量です。だから血が足りていない人がいくら血液をサラサラにしたところで、意味がないのです。血の不足を補い、増やし、流すことで体の不調を楽にするというのが、私の“血流たっぷり”理論です」(堀江氏)

 では、質の良いたっぷりの血が、体全体を流れるには、どうしたらいいのか。堀江氏によれば、血流が悪い人の体内では、「血がつくれない」→「血が足りない」→「血が流れない」の順で負の連鎖が起きている。

 東洋医学の考えでは血はエネルギーである“気”の流れで全身を巡ると考えられており、気が足りなければ血流が悪化する。その気を作るのは胃腸とされている。堀江氏が説明する。

「胃腸の力を高め、質の良い血を増やしてくれる料理として韓国料理の『参鶏湯(サムゲタン)』をオススメします。血の原料である鉄分とたんぱく質を豊富に含む鶏肉の中に、高麗人蔘などを詰めた薬膳料理です。

 ただ、たくさん食べればいいというわけでもありません。胃は空腹時に収縮することで、食べ物の残りカスや、古い粘膜を剥ぎ取るなどの掃除をしています。空腹の時間がなければ、胃腸の働きは低下し、良い血はつくれません」

 食べ物は胃に入ってから約90分で消化されるため、それ以降は間食を控えるべきだという。

 また、何を食べるかよりも、旬の時期に食べることを意識すべきだと堀江氏は指摘する。例えば栄養価が高いとされるほうれん草でも、旬である冬場と夏場では、ビタミンCの量が約4倍違うというデータもある。

 睡眠も血流を良くする上で重要なポイントだと堀江氏が言う。

「血を増やすには、午後11時までに就寝することが大切です。漢方では、0時を挟んだ2時間は体の陽と陰が入れ替わる時間とされているため、その時間に眠っていることが重要。血は、その後の午前1~3時の間に作られます。

 また、人間は体温が下がるときに眠気を感じます。就寝前に入浴すれば、温まった体温が下がるタイミングで自然に眠くなり、リラックスした状態で眠りにつくことができます。40度の湯船に、10~20分程度浸かるといいでしょう。入浴するだけで血流が良くなるのに加え、睡眠の質が上がり血を増やす力も高まります」

 血流が良くなれば、腰痛、ひざ痛、肩こり、頭痛など、血流が原因で引き起こされる症状の改善や、抜け毛予防にも効果が期待できる。

「血流たっぷり理論」は、健康で長生きできるのはもちろん、シニアが気になるあらゆる面で役に立つ新常識なのである。

※週刊ポスト2016年5月6・13日号

【関連記事】
血液サラサラ理論に疑問呈するベストセラー本の主張とは?
「血流たっぷり」 体に良いとされるそのメカニズム
血の好循環「つくる、増やす、流す」食事メニューを紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。