ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

障がいは社会の側にある。だから取り除くことができる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEの5月3日(火)の特別番組「J-WAVE GOLDEN WEEK SPECIAL MITSUBISHI CORPORATION presents UNIVERSAL LOVE 2016」(ナビゲーター:サッシャ)。

スポーツを通じた活動、音楽による表現を通じた活動、復興支援の活動など、さまざまな「優しさ」から“UNIVERSAL LOVE”を感じられる話題を約9時間にわたってお届けしました。

ナビゲーターのサッシャが「ブラインドサッカー」「車椅子バスケ」を体験。オンエアでは、その車椅子バスケを教えていただいたシドニーパラリンピック男子車椅子バスケットボール日本代表キャプテン・根木慎志さんに登場いただき、お話をうかがいました。

*  *  *

サッシャ:実際に一緒にやってみて、根木さんは教え方が上手ですよね。みんな笑顔で、僕も楽しかったのですが、たまに大人気なかったりして(笑)。

根木:まあ、勝負はね。試合では手は抜かないので、元代表というところも見せておかないと(笑)。

サッシャ:今日の体験会でたくさんの人に車椅子バスケを教えてみて、このスポーツの楽しさって、あらためてどう思いました?

根木:スポーツってもちろん、練習して上手くなりたいし、難しいことを練習してちょっとずつ上手くなって「もっと上手くなりたい、もっと上手くなりたい」となるところに魅力があって、最初から簡単にできてしまうと「あっ、こんなもんか」となりますよね。

車椅子バスケって、いきなりはじめた人にとっては難しいかもしれないけど、今日参加した高校生たち全員が「すごく難しかったけど、すごく楽しかった」と笑顔で言ってくれました。だから「できる」「できない」関係なしに楽しめることがスポーツの素晴らしさなのかなあと、僕も車椅子バスケと出合って、今さらながら本当のスポーツの楽しさを知った気がします。

サッシャ:2020年のパラリンピックを前に、注目も集まりそうですよね。

根木:もちろん、パラリンピックというのは障がい者のスポーツ大会ですが、社会に与える影響も大きいと言われているので、この2020年に向けて東京が取り組んでいること自体が、すでに日本の社会が変わっている一つなのかなと。

サッシャ:スポーツシーンだけでなくて、段差を失くすとか社会インフラにもつながるということですよね。

根木:そうですね。今日のパラアスリートのデモンストレーションを見て「すごいな」と思った人がたくさんいたと思うんですね。「車椅子でもこんなに遠いところからシュートが打てるんだ」というのを見て、障がい者のイメージが変わるというか。

一般的な障がい者のイメージって、いつも困っていて、周りの人間のサポートが常になければダメみたいな、障がい者本人に何らかの障がいがあると思われていますが、実は今日のこの会場でもそうですけど、養生を施せば、何ひとつ不自由なく、車椅子バスケットボールができるんです。

しかし、道を上がろうとすると段差がありますよね。スロープがあれば通行できますけど、実は段差であったり、エレベーターがない建物で2階に上がろうと思ったら、階段が障がいになったり。でもそれって本人に障がいがあるわけではない。障がいというのは、当事者にあるわけではなくて、それこそ社会、世の中にあるわけです。

スポーツに置き換えればもっとわかりやすくて、スポーツって本来、小学生だったらリングが低かったり、ボールが小さかったりと、対象によってスポーツをしやすいように工夫されています。社会も同じで、世の中にはさまざまな人がいるので、その人たちみんなが暮らしやすいように工夫すれば、障がいなんてなくなると思う。スポーツを通して、それをみんなに理解してもらえたらなと思っています。

*  *  *

「障がいは、障がい者側にあるわけではなく、社会の方にある。社会の方にあるということは、取り除くことができる」という根木さんの言葉は、目からウロコのお話でした。

私たちの努力次第、心持ち次第で取り除くことができる社会の障がいは、たくさんあるということに気づかされました。

【関連サイト】
「J-WAVE GOLDEN WEEK SPECIAL MITSUBISHI CORPORATION presents UNIVERSAL LOVE 2016」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/holiday/20160503/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP