ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ノースフェイスの元デザイナーが作った、最高に「攻めれる」バックパック

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?

元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメーカー「Velomacchi」がリリースしたバックパックが、絶妙なフィット感と細部までこだわり抜かれたタフな作りで、オートバイやマウンテンバイクなど、二輪好きの心を鷲掴みにしている。

激しく動いても
しっかりフィット!

「SPPEDWAY」と名付けられたこのバックパックは、アグレッシブに二輪ライフを楽しむ人にうってつけの機能が満載だ。

なんといっても一番の特徴は、磁気性のチェストカプラー。これでしっかりバッグが固定されるので、ハードな動きをしてもストラップがズレることはない。

さらに、夏場に重宝するハイドレーションパックが入るスリーブや、ウェアラブルカメラが取り付けられるマウント、アルミ製のヘルメットホルダーなども搭載。価格は299ドル(約3万3,000円)。

アウトドアシーンはもちろん、パソコンやタブレットを収納するのにも最適なので、自転車での通勤シーンでも活躍してくれること間違いなし。

マウンテンバイクに乗っている人なら、通勤途中に見つけたちょっとした砂利道や河川敷にも寄り道したくもなるだろう。

背中を気にせず
本能のままに

「自分たちが欲しいと思ったものを形にした」という点においても、信頼性の高さは窺い知れるところ。米・オレゴン州発のアクセサリーブランド「Velomacchi」のプロダクトは、これからもリアルな二輪マニアたちに寄り添ったものばかりになりそうだ。

Licensed material used with permission by VELOMACCHI

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP