ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

窓拭きのコツ「外側を先に拭くと汚れがよく見える」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高齢の親と離れて暮らす子供たちにとって、親の家の掃除は大きな問題だ。安全のためにも、親にはきれいな家で生活してほしいが、なかなか掃除の時間が作れない。そこで、大掃除のチャンスとなるのがゴールデンウイークの連休だが、できることなら効率よく、なおかつしっかりと片付けたいもの。というわけで、「片づけの伝道師」と呼ばれる安東英子さん(59才)に、掃除の極意を教えてもらう。今回は「外回り・庭」編だ。

 * * *
 年末の大掃除のとき庭掃除をする人が多いけれど、水を使うこともあり、寒さで拭き掃除などがはかどらないもの。でもこの季節は、外での作業にはもってこい。しかも虫刺されの心配も少なく、屋外こそこの時期に掃除しておくといい場所です。

 庭に物置がある場合は、ぜひこの機会に掃除を。まずは中の物をすべて出してから、ホースで水をかけて洗ってください。気候がいいので、早く乾くから、水気を拭き取る手間はほとんどありません。

 窓ガラスで気をつけたいのは、外側を先に拭くこと。そうすると、光の加減で内側の窓の汚れがよく見えるのです。汚れがひどい場合、スチームモップを掛けるのも一案。スチームの湿気も、この季節ならすぐに乾きます。

 網戸は外して、庭やベランダで勢いよくホースの水をかけて丸洗いすると、手早く洗えます。やはり自然乾燥しやすく、拭き取る手間も時間も省けます。

 自分のうちの玄関から見えないからと、庭道具を家の脇に置く家庭が多いんです。でもこれだと、お隣さんやご近所から見て景観を損ねている場合も。これ、見る方向が違うための盲点なんですよね。

 よくあるのが、使っていない植木鉢をたくさんためておくこと。プラスチック製は特に風化しやすく、退色してもろくなります。この際、思い切って適量まで数を減らして。

 そのほか、何年も使っていないグッズも処分を。それが終わったら、庭仕事の道具は物置や玄関に収納します。

※女性セブン2016年5月12・19日号

【関連記事】
お風呂掃除のプロが推奨する、入浴時にできる「ながら掃除法」
家電専門家 2015年アシストやおまかせの家電が増えると予測
ミキティにトイレ掃除を伝授 壁に飛び散った尿を拭き取れ!

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP