ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

LACCO TOWER主催『I ROCKS 2016』に3500人集結

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

4月30日と5月1日の2日間にわたり、群馬音楽センターにて開催されたLACCO TOWER主催のロックフェス『I ROCKS 2016 stand by LACCO TOWER』に計3500人が集結! 大盛況のうちに幕を閉じた。
『I ROCKS 2016』 (okmusic UP's)
初日30日 [超故郷編]は、地元群馬のバンドだけを集めた1日。12時、 「I STAGE」 トップバッターとしてSECRET SERVICEがイベントを幕開け。出演バンドは皆、異口同音に地元愛を語りながら、群馬のロックシーンを盛り上げたいというLACCO TOWERメンバーが抱く熱い想いに呼応して、昨年の[故郷編]よりも確実に何倍も力強いロックを鳴らしていた、 まさに“超故郷”を作り上げ、トリのLACCO TOWERへと バトンを繋いでいった。

「YOU STAGE」で はLACCO TOWERがトップバッターをつとめ、合間には スペシャル枠として、落語家の三遊亭ぐんま、群馬のゆるキャラのなめじろうが遊びに来たりとにぎやかなステージの中、トリは群馬の若手バンド、FOMAREがその大役を最高の形で務めた。

会場内には、購入するとメンバーの声が流れ、 アタリを引くとグッズがもらえ る進化した「I ROCKS自販 機」など、ファンに楽しんでもらうべく新しい仕掛けが作られ、さらに今年は去年アコースティックステージで あった「YOU STAGE」が レイアウトも変え拡大、バンドステージになった。これらも彼等がことあるごとに言葉にしてきたひとつの“超”の形なのだろう。

5月1日 [盟友編]はLACCO TOWERが出会うべくして出会ったバンドを群馬に迎え入れ、自分たちが成長の過程 で出会った盟友たちを群馬の皆に紹 介したいというメンバーの想いが詰 まった1日。

この日も開場から前日を上回る観客が席を埋める中、「I STAGE」の トップバッターはRhythmic Toy World。 最初の一音が鳴った瞬間から会場は 最高潮の盛り上がりを見せ、ステー ジ上ではLACCO TOWERとの 思い出やI ROCKSへの想いを熱く語り、すでに涙するオーディエンスも。最高のパフォーマンスを披露した。

会場の温度は時を追うごと加熱される中、トリはもちろんLACCO TOWER。1年間を通してこの「I ROCKS 2016」 の準備をし、ついに迎えた大トリ の彼等のライヴはまさに圧巻の一言。テクニックうん ぬんでは語れない、彼等の覚悟、決意、様々な感情が相まった素晴らしい景色を作り上げていた。

この日も「YOU STAGE」の トップバッターはLACCO TOWERが飾り、トリはMy Hair is Bad。こちらのハイライトは、LACCO TOWER、ircle、 アルカラ、BRADIO、My Hair is Bad、 ラックライフ、Rhythmic Toy World、 といった[盟友編]に出演した ほぼ 全てのバンドがコラボしたスペシャルバンドでのライヴは、このフェスのトピックの一つといえるだろう。こんな特別な編成でのステージが実現したのも、彼等が常に地に足をつけた活動を続け、バンド同士の絆を深めて来た賜物であると言える。

あらゆる部分において、「来てくれたお客さんを最高に楽しませる」という こと に重点を置いた彼等のD.I.Y精 神で作りあげたロックフェスは、今回も老若男女問わず満面の笑顔で会場を後にしてもらえたことだろ う。

そして、『I ROCKS 2017』の開催を宣言した彼等。またこの1年間、彼等が主催するこのフェス から 目を離せない日々が続きそうだ。詳細は随時I ROCKSオフィシャルHPにて発表され ていくので要チェックだ。

【LACCO TOWER (Ba)/ 株式会社アイロックス代表取締役社長 塩崎啓示コメント】
全ては“故郷群馬でロックフェスを開 催すること”その為に立ち上がりま した。 I ROCKS 2016 [超 故郷編]、[盟友編]二日間を大盛況で終えることが出来ました。

今 回のI ROCKSは“超える”をテーマにこの一年、目指し、挑み、貫いてきました。 過去最大の出演者、ステージ、食事、警備、サービス等、内容や規模を 超えることが出来ました。特にシークレットゲストやスペシャルバンドな ど、これぞ僕らにしか出来ない唯一無二のロックフェスになったと自負しております。

この故郷群馬から発する熱量で全国の 音楽ファンに向かって刺激を与えられたら本望です。ここが一つのゴー ルであり、また新たなスタート。

「僕らはロックでできている」この信念のもと、携わってくれる全ての人に 感謝と敬意の気持ちを。最高で最幸 なロックフェスになるようにI ROCKSはまた新たな物語へ突入します。

また来年、胸をはって「おかえりさない」と笑顔でお迎えします。ありがとうございました。

『I ROCKS 2016』 (okmusic UP's)
『I ROCKS 2016』 (okmusic UP's)
『I ROCKS 2016』 (okmusic UP's)
『I ROCKS 2016』 (okmusic UP's)
『I ROCKS 2016』 (okmusic UP's)
『I ROCKS 2016』 (okmusic UP's)
『I ROCKS 2016』 (okmusic UP's)
『I ROCKS 2016』ロゴ (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。