ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

空想委員会、Zeppワンマン公演にて花嫁から特大ビンタ!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

空想委員会が4月30日、Zepp DiverCityにてリリースワンマンツアー「ダウトの行進」のファイナル公演を行なった。

SEにのせてメンバーが登場し、いきなり披露されたのは「波動砲ガールフレンド」。1音目から驚きと歓声が入り混じる、良い意味で予想を裏切ったライブのスタートに、会場の熱は一気に高まった。

“お台場、始めようか!”と佐々木(Gt.)が叫び「ワーカーズアンセム」へ繋ぎ“心を解放して楽しんでいってください。最高の遊び場へようこそ!”と煽った。三浦(Vo.&Gt.)は“4月、何かを卒業したり始めたりする、 そんな方に餞けの言葉を。”と「桜色の暗転幕」を歌い上げ、「私が雪を待つ理由」ではそのハートウォーミング な歌詞とメロディーで会場を優しく包み込んだ。心落ち着くしっとりムードから一転、突如ステージに現れたのは、ウエディングドレス姿の美女・アリスムカイデ。三浦は両手を広げて花嫁を迎えると、花嫁は右手を振り上 げ三浦の頬に向かって勢いよくビンタをお見舞いした。まさかの展開にフロアにも動揺が…これは、次に演奏する「八方塞がり美人」の Music Videoのワンシーンを再現した演出だったのだ。曲が終わると、痛そうに自分の頬をさすって“なんか、ファイナルっぽいよね(笑)”と仕切り直し、今月リリースした新曲「ビジョン」や初披露の「二重螺旋構造」、アッパーチューンの「春恋、覚醒」、インディーズ時代の人気曲「空想ディスコ」と新旧織り交ぜた楽曲の畳み掛けでさらに盛り上げ、ラストの「ミュージック」では会場全体で大合唱が起こった。

本編終了後の“居残りコール”(=アンコール)に応えて、三浦は客席にアコースティックギターを持って登場。Zepp という大会場で生声生音の完全アンプラグドで「単独飛行少年史」の弾き語りをサプライズで披露し大歓声を浴びた。最後は「劇的夏革命」で早くも初夏を匂わせる爽やかさを見せつけ、ライブの幕を閉じた。満員のZepp DiverCity。その先にあるのは、9月22日に待つ日比谷野外音楽堂ワンマンライブでの景色だ。

Text by 羽村 萌

Photo by PETA

【セットリスト】
1.波動砲ガールフレンド

2.ワーカーズアンセム

3.切 illing Me Softly

4.物見遊山

5.フロントマン

6.カオス力学

7.桜色の暗転幕

8.私が雪を待つ理由

9.容れ物と中身

10.八方塞がり美人

11.雨の伝導率

12.不在証明

13.ビジョン

14.悪天ロックフェスティバル

15.二重螺旋構造

16.千里眼

17.春恋、覚醒

18.空想ディスコ

19.ミュージック

-アンコール-

20.単独飛行少年史 (客席にて三浦隆一の弾き語り)

21.エンペラータイム

22.劇的夏革命







カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。