体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

電波!? 男が理想とする妄想全開の出会いのシチュエーション

生活・趣味
電波!? 男が理想とする妄想全開の出会いのシチュエーション 2016_0419_18_01

本格的に春が到来し暫くたちましたが、僕が通う酒場では歓迎会や新歓コンパなどが盛んに催されています。

そう、世間様はまだまだ出会いのシーズンなのです。

そこで今回は、いつもの飲み屋に居た代り映えしない男4人が「こんな風に女性と出会いたい!! 」と妄想した理想のシチュエーションについて男性特有の目線と独断と偏見で話し合った結果をお伝えします。

道でドンッ! からの一目惚れ

ホンネスト

「やっぱり鉄板の出会いは外せない」ということで早々にコレです。

そうです男どもは、道でドンッ! と女性とぶつかって、その拍子に彼女が持っている紙袋からレモンが転がり、拾ってあげたら指先が触れて、目が離せなくなる……といった超絶ベタなシチュエーションで女性と出会いたいんだそうです。

こうなると頭のなかではドリカムのあの名曲がリフレインし「絶対に運命の人だ! 」と認識するようなのです。

あと、少々息苦しいですが満員電車の中でのドンッ! もアリということでした。

本を取る手が重なる

ホンネスト

男ってものは不意を突かれる出会いが好きなんでしょうか。

これまた王道ですが、本屋や図書館で同じ本を取るっていうシチュエーションには「趣味が合う気がする」「知的な女性が好き」ということで運命を感じる(感じたい)そうです。

なかには「洋書だと運命のレベルが跳ね上がる」と意味不明なことを口走っていた男もいましたが、総じてこうしたシチュエーションで、運命の人とシンクロニシティを感じたいようです。

そして出会う女性が「ドジでメガネっ子なら完璧だ」ということでした。

お洒落なカフェで忘れ物

ホンネスト

「普段、行かないくせに」と思ったのは僕だけではないでしょう。

1 2次のページ
ホンネストの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会