体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

恋愛を凌ぐ「旅の魅力」8選

アンナ・フレンチは、数年間パートナーがいないまま旅をしていた女性。異国の地に初めて足を踏み入れると、今までに気をつかっていたことがバカみたいに思えるほどの幸せな感情に包まれたそう。とくに、男性に気をつかっていた自分が理解できなくなってしまったとか。

もちろん恋愛が無意味だなんて言うつもりはないようですが、それまでには知り得なかった学びがあったそうです。以下、彼女の記事を紹介します。

01.
スリルある体験にも
飛び込む勇気が湧いてくる!

恋愛を凌ぐ「旅の魅力」8選

大胆になるんです。昆虫をかじったり、見知らぬミュージシャンのサルサで腰をうねらせたり、パラシュートに命を預けて崖からジャンプしたり。普段なら絶対に手を出さない、興味を示さないものにどんどん挑戦できるのです。

未体験なことに触れるたび、強くなっていく実感がありました。きっとそれは、いつもより純粋な自分に自由に立ち返れるからでもあり、いろいろなチャンスに恵まれているからでもあります。とにかく、世界はあなたの小さなミスをいちいちジャッジしたりしません。街から街へと歩を進め、次から次へと新しいことに触れられるんです。

02.
自分の殻を突き破れる

シャイで人見知りな性格でも、旅行中は別人になれます。道を聞かなきゃいけない場面になれば、知らない人と話さずには居られない環境になるのですから。ホテルで行き合った人々と、行き先の情報を交換することだって醍醐味ですよね。

ちょっとした会話から興味深い話に発展し、いろいろな国から来た人を知っていくと、みんな大した違いなんてないってことに気づかされます。

03.
誰かの理想ではなく
本当の自分を見つけられる

恋愛を凌ぐ「旅の魅力」8選

誰かと付き合っているときは、いつも「私」よりも「私達」。肝心の自己がどこかに消えてしまうこともあります。

彼を知り、彼を喜ばせるための努力をするようになる。それはもちろん素晴らしいことで、相手の瞳に映る自分を再確認することだってできるでしょう。でも、それが自身の成長を妨げることにも繋がります。もし、そのことに気づいていなければなおさら。

世界はあなただけのキャンバスなのです。実体験を通して、興味関心やジャストアイデアで作品を描きあげていく。もしかしたら、エジプトのピラミッドやイースター島のモアイ像に隠された謎を発見できるかもしれません。学べるのは、自分のことだけではありません。これ以上に良い方法などないのです。

04.
世界を学ぶ

彼氏に教えてもらったことより、オーストラリアのブルーマウンテンで実際にクライミングした時の衝撃です。食べたことのないものを味わい、聞いたことのない慣習や政治を知り、自国と異なる社会通念のなかで、知らなかった男性と出会う。そういった体験が知識へと変わる瞬間に、世界が少しずつあなたのものになっていきます。

真夜中、何も持たずにタクシーに乗ったときは、身振り手振りと一緒に、頭のなかに刻まれたいくばくかの単語で運転手にうまく行き先を伝えなければなりません。ローカルマーケットで、観光客価格への対抗策や交渉スキルを学ぶでしょう。そのうち、ニュースで見るよりもずっと魅力的な世界と出会えます。

05.
どれだけ恵まれているかを知り
環境に感謝できるようになる

恋愛を凌ぐ「旅の魅力」8選
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。