ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PlayStation®VRや、もうプレイできない伝説のゲームで遊べる企画展「GAME ON」が楽しそう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本科学未来館で2016年3月2日から5月30日まで開催されている「GAME ON」は、ロンドン発の企画展。これまでに世界中で遊ばれてきた数々の「テレビゲーム」を特集し展示したものです。このたび日本初開催が実現し話題に。

数々のゲーム機やソフトから、スマホゲームに至るまでをその創成期から振り返り、実際に体験できます。2016年発売予定の「PlayStation®VR」も利用できる絶好のチャンス!

伝説の名作から
最新VRゲームまで

※海外巡回展の様子

※海外巡回展の様子

1951年に作られたチェスのプログラムから始まったゲームの歴史は、1972年に発売されたテニスゲーム『ポン』によって一般的に広く知られるようになりました。会場には、同作品をはじめ、国内外のアーケードゲーム、家庭用ゲーム、ポータブルゲームなどが設置。いくつものステージを進みながら、実際のゲームとともに歴史を振り返ります。

懐かしく感じる人もいれば、まったくの新しい体験にワクワクする人も。気軽ながらも、プレイしたくてもできなかった伝説のゲームに触れられる稀有な機会とあって、幅広い層に人気あり!

そのほか、キャラクターデザインのスケッチや、音楽、マーケティング資料など、有名作品に関する貴重な情報も注目の点です。遊べるゲームは下記のとおり。

『ポン』(1976) 
『ルナーランダー』(1979)
『パックマン』(1980)
『ドンキーコング』(1981)
『スペースインベーダー』(1978)
『ハングオン』(1985)
『ストリートファイターII』(1991)
『ピットフォール』(1982)
『GRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動』(2015)
『MYST』(1993)
『テレビテニス』(1975)
『スピーク&スペル』(1978)
『サイモン』(1978)
『パラッパラッパー』(1996)
『スペースチャンネル5』(1999)
『マインクラフト PlayStation4 Edition』(2014)
『ワールド オブ ウォークラフト』(2004)
『ザ・ビートルズ:ロックバンド』(2009)
『アングリーバード』(2009)など

※PlayStation®VRの利用は、12歳以上からとなっています。

親子2世代で
ゲームを楽しもう!

宣伝課長の有野課長からはこんなコメントが。

「僕が子供の頃、ゲームって百害あって一利なしって印象のモノでした。でも、どうですか、テレビゲームって未だに無くなってません。って事は、 百害も無くて一利以上あるんです。親は自分がどんなゲームにハマったかを子供に伝え、子供は未来のゲームがどんなになるかをクラスメートに自慢できるイベントです」。

さらに、元宇宙飛行士で、日本科学未来館館長の毛利衛氏からは、こんな熱いメッセージも!

「子供がゲームに夢中になって勉強しないと言う相談をよく受けます。『宇宙飛行士の訓練の多くはコンピュータゲームですよ』と答えています。今ではどの分野でもゲームに対応する能力が必要です。おもしろいという個人の感覚が、実は人類が生き延びるためにとても関係があるからです。仮想空間で現実社会への予知、判断、反応能力が磨かれ、それが仲間に伝わり、さらに多くの知恵を集めて未知の課題を解決する。ゲームの究極の目的です」。

大人も子どもも楽しめるゲーム展、ぜひ遊びに行ってみては?ちなみに、「5月13日(金)より、毎週金曜日の開館時間が延長され、イベント開催も決定。詳しくはwebサイトをチェック!

会期:2016年3月2日(水)~ 5月30日(月)
開館時間:10:00~17:00
(入場券の購入および最終入場は閉館の30分前まで)
休館日:毎週火曜。但し、5月3日は開館。
会場:日本科学未来館1階 企画展示ゾーン
料金:大人(19歳以上)1,500円。18歳以下750円。18歳以下/土曜日のみ650円

Licensed material used with permission by GAME ON

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP