ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

有田焼が創業400年 ミラノでも世界中が注目!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE日曜21時からの番組「SEIBU SOGO CREADIO」(ナビゲーター:佐藤オオキ・クリス智子)。5月1日のオンエアでは、4月12日〜17日にイタリア・ミラノで開催されたデザインの祭典「ミラノサローネ国際家具見本市」を取材したナビゲーターの2人が、先週に引き続き現地での様子をレポートしました。

■有田焼とデザイナーのコラボ
今年は佐賀県の有田焼創業400年の年。ミラノサローネの開催に合わせて、10の窯元が世界で活躍するデザイナー16組とコラボして開発した、300以上のプロダクトが発表されました。

「職人さんの技術をうまく引き出すデザイナーとして、この16組のセレクトの仕方が絶妙なんです」と佐藤オオキ。実際にそれぞれのデザイナーが窯元を訪れ、アイデアを考えたのだそうです。「有田焼というと、花柄とか和食のイメージがありますが、これまでに見たことがないものがそろっていました」(クリス智子)

佐藤によると「全体的に、シンプルでベーシックだけど、今日から日常にとりこめる安定感のあるデザインが多かった」とのこと。今年の秋から西武・そごうで展示販売される予定です。

■田根剛さんの話題のインスタレーション
続いて、シチズンの「time is TIME」というインスタレーションを紹介。これは12の時計をモチーフにした作品で、たとえば“文字盤の全ての数字の位置に『NOW』と書いてある時計”や、“大人の針(長い針)と子どもの針(短い針)がどちらも同じように動いているのに、短い針の方がゆっくり動いている時計”などが展示されていたそうです。

「時間について考えさせられる作品で、今の時代性に合っている」と佐藤。作者でパリ在住の建築家、田根剛さんは2014年にもシチズンのインスタレーション「LIGHT is TIME」を発表しました。これは世界中で話題になり、東京・青山のスパイラルガーデンで開催した凱旋展は、来場者が多すぎて会期が延長されたほど。「time is TIME」も凱旋展を期待したいですね。

■オリンピックのトーチのデザイン
2012年に開催されたロンドンオリンピックで、トーチのデザインを手がけたイギリスのデザインユニット「バーバー・オズガービー」にも話をうかがいました。トーチができるまでが大変で、風が吹いても雨が降っても聖火が消えないか、何度も実験を行い、おまけに8,000本も用意しなくてはならなかったそうです。ロンドンオリンピックのときは、18カ月間で開発しなくてはならず、一人目の聖火ランナーが走り始める頃には、数本しか用意できていなかったとか!

夜には世界各国の『ELLE DECOR』のエディターが選ぶEDIDA(ELLE DECOR INTERNATIONAL DESIGN AWARD)の表彰パーティーも開催されました。ちなみに、佐藤も2012年にデザイナーオブザイヤーを獲得しています。

そんなミラノ取材の話はまだまだ尽きません! 次週はnendoの展示も紹介します。お聴き逃しなく♪

【関連サイト】
「SEIBU SOGO CREADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/creadio/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP