ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダンサー田中泯 坂本龍一と「身体」をテーマに哲学談義

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE で2カ月に一度、日曜にオンエアしている深夜0時からの番組「RADIO SAKAMOTO」(ナビゲーター:坂本龍一)。5月1日のオンエアでは、4月8日〜10日の3日間にわたって開催された坂本龍一のレーベルcommmons(コモンズ)の10周年記念イベント「commmons10 健康音楽」から、「身体」「健康」をテーマにした田中泯×坂本龍一のトークの模様をお送りしました。

田中さんは、独特のダンス活動を行い、世界的に評価を受けるダンサーです。

*  *  *

坂本:今回の「commmons10 健康音楽」。ただ健康といっても幅広すぎるので、いろんな角度から考えてみようということで、身体といえば“身体のエキスパート”と勝手に思っている田中泯さんに来ていただいたんですけども。身体とはなんでしょうか。

田中:なんでしょうかね。“これがないと俺じゃない”ということも確かなんですよね。でもいつか来るんですかね、身体なしの俺っていうの?

坂本:あー、埴谷雄高(はにやゆたか)みたいな世界ですね。物質の存在しない、意識だけの存在。

田中:「この身体がなくなると、俺はいなくなる」というようなことは、まあ私たちが生きている間はないでしょうけど。

坂本:幽体離脱なんてあるじゃないですか。意識がこう、体から離れていく。そういう経験をした人が世界中にたくさんいますけど、ああいうことは本当に起こるのでしょうか。

(中略)

田中:ただ、私たちの身体を代行をするものが、もう、どんどん出来ていて、知能まで代行してもらうような時代になってきていますよね。そうすると、私というものもなんだか危うくなってくる。

坂本:どこにあるのかっていう話ですよね。

田中:(怪我した指を見せながら)これ、昨日、怪我したのだけど、これも“私”なんですよ。私の指というよりは私なんですよね。どこもかしこも、もうケツの穴も私だし。

坂本:同時に、たとえば口の中、胃の中、ケツの中(笑)っていうのは、外界でもあるわけなんですよね。だから、そうすると私っていうものは、どこにあるのかっていうのは、なかなかわかりにくいですよね。

田中:でも、1個の細胞からはじまった私たちの人生ですから、まさに私たちの人生は、1個からはじまって、どんどんどんどん増えていった。その細胞のですね、この集合体の中で、その中で私っていうものが形成されていることは確か。僕はそれが面白くて、面白くて仕方がないんです。だから「お前はいったい何者なんだ」って言われても、へらへら笑っていられるような、そんな気分はありますけどね。

【関連サイト】
「RADIO SAKAMOTO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/radiosakamoto/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP