ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年収300万円で都心に通えるマイホームを手に入れる方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 住宅ローン金利の低下に伴い、「夢のマイホーム」取得を真剣に考えている人も多いはず。だが、都市部に程近い新築マンションを購入しようにも、バブル期並みの価格高騰でとても庶民に手が届くような物件は少ない。

「諦めるのはまだ早い」と話すのは、住宅ジャーナリストの榊淳司氏だ。同氏が年収300万円でも無理なく買えるマイホーム取得術を伝授する。

 * * *
 世の中、景気が良くなっているという感覚はない。それもそのはずで、庶民の懐はちっとも潤っていないのだ。

 厚生労働省が発表している1世帯当たりの平均所得の推移を見ると1994年の664.2万円を頂点に2015年には528.9万円まで落ち込んできている。その間、消費税は上がった。円安で光熱費等も上がっている。つまり、庶民の生活は苦しくなった。

 ところが、ここ2年ほどで新築マンションの価格は急上昇している。統計数字だけ見ていると、あの平成バブル期を超えているものまで出てきた。それで、売れているのか?

 実際のところ、ある程度は売れている。東京の都心や京都市の御所周辺エリアでは、まるでバブル期のような売れ方をしていた。ただ、2016年に入ってその勢いに陰りが見られる。しかし、まだ値下がりするようなところまではいっていない。富裕層やリッチな外国人が買い勢力の主要プレーヤーになっているのだ。

 一方、庶民向けの郊外型マンションはここ数年、ずっと販売が不調。世帯所得が上がっていないのだから、一般庶民には「マンションを買う」というモチベーションが生まれにくい。それでも、建築費の高騰につられて郊外型の新築分譲マンションも値上がりし始めた。一般庶民はますます買いにくくなっている。

「これではマイホームは諦めるしかない」
「建築費が下がる五輪後まで待つのがいいのか」

 年収が高くない中小企業サラリーマンからは、そんな声が聞こえてくる。だが、そんなことはない。たとえ年収が300万円であっても、マイホームを購入することは可能だ。

「それは、都心に通えないほどの郊外だったら……」

 普通に考えるとそうなる。しかし、現実は諦める必要はない。東京の都心へ通える場所でも、工夫次第でマイホームを手に入れられる。

 一例をあげよう。大手町へ40分ほどでアクセスできる東武伊勢崎線「新田」駅から徒歩5分の埼玉県草加市にある3DK 、61.6平方メートルの中古マンションが980万円で売り出されている。ただし築37年。イトーヨーカドーへは徒歩2分だとか。

 実は、首都圏でも少し郊外に行けば築30年以上のマンションや一戸建てが1000万円未満で売り出されている。関西圏や東海圏も含めて、数百万円で購入できる中古マンションはいくらでもあるのだ。

 一戸建てでも格安物件が見つけられる。総武本線 「千葉」駅からバス9分「貝塚」バス停下車徒歩3分、土地は143.91平方メートルで建物の延べ床面積82.4平方メートルの一戸建てが790万円。ただし、築39年。容積率は余っているので増築が可能。駐車場も2台分ついている。

「そんな古い住宅、ボロボロで住めないよ」

 そうかもしれない。しかし仮にそうだとしても、リフォームをすればいい。

 例えば、ある不動産の仲介業者が、再販売が目的で先に上げたこの草加のマンションを購入したとしよう。彼らがこのマンションを「フルリフォーム」するために、バス、キッチン、洗面、トイレなどの水回りをすべて取り換えて、なおかつ壁、床、天井を張り替えるための費用はどのくらいだろうか? ズバリ言ってしまうと、おおよそ200万円から300万円だ。多くの人が考えているほど高くはない。

 リフォームの業者を上手に探し出せば、この予算で個人での発注も可能である。

 実は、もっと安く上げることもできる。キッチンやユニットバスなど値が張るものは、ネットやホームセンターで特売品を見つけ出して、施工業者に支給するのだ。壁紙や天井のクロスくらいなら、ホームセンターで購入して自分で張り替えると、さらに割安になる。ホームセンターによっては、そういう「セルフリフォーム教室」を無料で開いているところもあるので、大いに利用すべきだ。

 さらに言えば、ここで示した価格はあくまでも売り主さんの「売却希望額」だ。こういう築古のマンションや一戸建ては、なかなか買い手が見つからない。だから値下げ交渉ができるケースが多い。売り手側からすると「いくらでもいいから早く売ってしまいたい」という気持ちだったりするのだ。そういった場合は大幅な値引きを引き出せたりする。

 マイホームの総予算が1000万円程度なら、年収が300万円の人でも無理なく買える。例えば、800万円の住宅ローンを組んで10年返済にすると、金利1.02%で月々7.1万円の返済額になる。もちろん、ボーナス払いなし。この額は家賃並ではないだろうか。完済した10年後には、完全なマイホーム。家賃もローンも支払わなくてもいい。

 新築マンションの価格は上がっている、とはいえ日本全体では空き家が増えている。実際の需要と供給の関係で価格が決まっている郊外や地方の中古住宅は、ずっと値下がりが続いている。

 マイホームを購入するのなら、わざわざ割高な新築マンションや新築の一戸建てを探す必要はない。特にマンションは200万円から300万円程度の予算で行えるフルリフォームで、住戸内は「新築同然」に変わる。

 自分の収入に対して返済がギリギリの住宅ローンを組むと、人生の破綻を招く場合が多い。また、今の時代は公務員でもない限り35年間も収入が安定しているなどということはあり得ない。住宅ローンは10年程度で組むべきだろう。

※ここで示した物件の例は2016年4月20日現在、民間物件情報サイトで表示されていたもので、現在も販売されていることを保証するものではありません。

【関連記事】
定年後の住み替え「マイホーム借上げ制度」を利用する手あり
水嶋ヒロ&絢香 1億円以上の印税で家賃100万超御殿に転居
奈美悦子「息子夫婦と住む気なし」で自宅を小さく建て直し

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP