ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安倍昭恵さん 有権者の声を聞かぬ政治家は失格

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2011年の東日本大震災後は子供の未来を奪われる危機感から脱原発デモが盛んになり、昨年は安倍政権が進める安保法案に反対するデモが全国各地で行われ、多くの女性が参加した。

 また、「保育園落ちた日本死ね!!!」と書かれた匿名のブログからの広がりから、安倍政権は保護者の都合で一時的に子供を預けられる「一時預かり」を充実させるなどの緊急対策をまとめた。まだまだ不充分といわざるを得ないが、長く放置された待機児童問題がほんの一歩でも前に進んだのは、女性が声を上げて訴えたからだ。

 民進党の政調会長である山尾志桜里衆議院議員(41才)が言う。

「ブログを書いたお母さんがいて、それを拡散したお母さんがいる。署名活動を呼びかけるお母さんや国会で静かなデモをしようというお母さんが現れ、“じゃあ私はプラカードを作る”“私は国会で立ってみる”と母親の輪がどんどん広がっていきました。私は首相に質問をするお母さんの役割を全うしただけです。ママたちの声が幾重にも積み重なって政治が動いたことは、女性にとってものすごく大きな希望だと思います」

 フェイスブック上の女性グループ「全日本おばちゃん党」の代表代行で大阪国際大学准教授の谷口真由美さん(41才)はこう語る。

「一部の女性のための運動で終わらないようにしないといけない。でないと、それ以外の女性に伝わらず、むしろ女性同士で敵対して、その陰で既得権を持つオッサンがほくそ笑む。この先は、普通の女性イコールおばちゃんが女性の問題に取り組むべきです。

 政治に期待できないと思う気持ちは理解できますが、政治家の姿は私たちの社会の映し鏡です。女性政治家が少ないのは、それだけ社会で女性が軽んじられているからなんです。“どうせ政治なんて…”と諦めたら、ハイおしまい。お任せ民主主義ではなく、自分から責任を引き受けることが大事なんです」

 そうした女性の声は、首相公邸からも上がっている。安倍首相夫人の安倍昭恵さん(53才)、その人だ。

 第2次安倍政権の誕生後、昭恵さんはフェイスブックで脱原発を主張したり、東北沿岸部の高さ14.7mの防潮堤建設に異を唱えるなど、独自の活動を続けている。これまでと違うファーストレディー像を求める昭恵さんは一部から批判を受けながらも発信を続けている。

「10年前の第一次安倍政権時代に発信したらさらに厳しいご指摘をいただいたかもしれないですが、今は女性が前に出て発信していい時代になりつつあります。2回目があると思っておりませんでしたので、天命と信じて私にできることをしようと心がけています。“もっと総理夫人らしく”とも言われることもありますが、私は別に怖いものもなく、言うべきことは言おうと考えております。

 上り調子が終わって成熟した社会に変わる時は、多様な意見が取り入れられるべきですし、新しい社会をつくるうえで、女性の能力を充分に発揮していただきたいと思います」(昭恵さん)

──「日本死ね!!!」というブログは政府への絶望を綴ったものです。あのブログについてどう思いますか。

「“日本死ね!!!”のお母さんは憤りをどこへ届けてよいかわからず、追いつめられて匿名ブログで発信されたのかもしれません。でも本当は、あの声を政治家がきちんと受け止めていれば、と思いました。有権者の声を聞かない政治家は議員として失格だと思いますので、政治家の事務所に連絡してどんどん陳情していただきたいと思います。

 国会議員のハードルが高ければ、都議会や区議会、市議会や町議会など、地元と密接につながっている人に声をかけてほしいです。主人の事務所も後援会とは密接につながっていて、そこからの声が上がってきます。今はホームページなどもあり、昔よりアクセスしやすいはずです」(昭恵さん)

撮影■玉井幹郎

※女性セブン2016年5月12・19日号

【関連記事】
SAPIO人気連載・業田良家氏4コマ「例え話国会」
SAPIO大好評連載・業田良家氏4コママンガ 「謝罪会見」
SAPIO人気連載・業田良家4コマ「うちわ揉め政局」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。