ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もったいない! 野菜の栄養素を台無しにする「3つのNG」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


もったいない! 普段何気なくやっている調理の工程のなかには、食材の大切な栄養素を失う結果になることも!? どうせ食べるなら、栄養素も無駄なく摂取したいものですよね。

01.
「じゃがいも」を切って、
ぐつぐつ茹でる

茹で時間が短くなるため、やってしまいがちですが、実はもったいない調理法です。

いも類のなかでも、じゃがいもはとくに多くのビタミンCを含んでいます。しかし、ビタミンCは水に溶けやすいのです。カットしてから、茹でてしまうと、茹で汁にビタミンCが溶け出してしまいます。ちなみに、むくみ解消に効果的なカリウムも水溶性。ビタミンCとともに、茹で汁のなかへ……。

調理する時は蒸すか、皮付きで丸ごと弱火で茹でてみてください。スープなど茹で汁も一緒に食べてしまう料理の場合は、切ってから茹でてもOKですよ。

02.
「にんじん」の皮をむく

代表的な緑黄色野菜のひとつであるにんじん。免疫力アップに効果的なカロテンが豊富に含まれていますが、その場所が問題。皮の裏側あたりに多く含まれているのです。つまり、皮をむいてしまうと、カロテンも捨てていることになってしまう……。

皮をむかないとなると、農薬の付着が心配になる人もいるでしょう。一般的に、にんじんは出荷される前に、薄皮やヒゲ根が処理され、きれいに洗われているんです。この段階でも随分農薬は落ちていますが、家庭で調理する前に流水できちんと洗い落とせばOK。

それでも気になるという人は、無農薬のにんじんを選ぶか、皮はできるだけ薄〜くむくのが正解です。

03.
「レタス」を切ってから
水にさらす

シャキッとした新鮮なレタスが食べたい! そのためにレタスを包丁で切ってから水にさらしてる……なんてことありませんか?

新鮮なレタスには、ポリフェノールが多く含まれるのですが、包丁などの金物で切ってしまうとポリフェノールと鉄が反応し、切り口が酸化。切るなら手でちぎるのがオススメです! 断面が粗くなるのでドレッシングが絡みやすくなり、無駄に多くドレッシングを使うことも防げて一石二鳥。

さらにレタスをちぎった後に冷水にさらすと、ビタミンCやカリウムなどの水溶性の栄養素が落ちてしまいます。冷水にさらすときは、一枚ずつはがして10分程つけたら水分をよく切り、そこから手でちぎるようにしましょう。

普段使っている食材だからこそ、栄養素を無駄にしない調理方法を心がけ“もったいない調理”から卒業しましょう!

フードクリエイティブファクトリー

「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チームです。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

Q.これまでにやっていたNGは?
・じゃがいもを切ってから茹でる・にんじんの皮をむく・レタスを切ってから水にさらす

 

関連記事リンク(外部サイト)

無農薬、無肥料、無除草剤。石川県・はくい市で「オーガニック給食」がスタート
野菜と卵がドッキング!見た目もキュートなベジタブルエッグとは?
捨てちゃダメ!「長ネギの青い部分」は、栄養が豊富で汎用性も抜群です

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP