ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

15歳の自主制作映像『2045』が本格的すぎると話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年2月に公開され、わずか1ヶ月で100万回再生を突破した以下の映像。なんと、中学3年生(当時)が自主制作したものなんです。

題材は、2045年の「技術的特異点を迎えた世界」。地球上のあらゆるものがナノサイズのロボット­によって作られていたが、ある日何者かがナノロボットを乗っ取り、世界を崩壊させてし­まった…というもの。

それでは、ぜひ5分少々お付き合いください──。

注目度大!
将来を嘱望される存在に…

どうでしたか?中学生が制作したとは思えない本格的な内容に、思わず見入ってしまったのでは?

さて、気になるこの映像の制作者、@38912 DIGITALさん。小学3年生のときに独学で映像制作を始めたようで、『2045』のストーリーは中学2年生の夏には考えていたそうです。好きな映画は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。小説では、星新一のショートショートだとか。

「作品を公開して、様々な方と繋がりを持つことができたのが嬉しかったです。この春高校に入学しましたが、映像のおかげもあって友達も増え、映像もコミュニケーションツールの一つなのだと改めて思いました」

と、反響の大きさにも言及しています。

さらに、こんなつながりもあるみたいですよ!

あの映像クリエイターとの
対談を予定!

さて、上の『東京コスモ』も昨年秋に話題をさらった自主制作映像ですが、このたび『2045』と『東京コスモ』の制作者同士の対談が行われる模様。対談のテーマや参加したいゲスト、質問等をこちら(cosmochildren@gmail.com)で募集しています。将来を嘱望される映像クリエイター同士の対談は、非常に魅力的なイベントになるのではないでしょうか。

Licensed material used with permission by 『2045』,『東京コスモ』

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP