体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【連載】英国人気ティールーム「ジュリス」直伝!ショートブレッドのレシピ

自分が通い詰めていたレストランやカフェが、ある日突然お店をたたんでいて、心にポッカリと穴の空いた経験がある方はいらっしゃるでしょうか。

実は私もそのような経験者の一人で、予期せぬ出来事を直ぐには真正面から受け止められず、「あぁ、これはとりとめない夢かなにかで、現実ではないのだ。」なんて心の中で念じつつも、しばらくは呆然と過ごしたこともあります。

2度とこの町では出逢うことも無いのかと、哀しみにくれる日々が巡り、季節を越えて、大好きなお店が再び同じ場所でオープンすると知ったならば・・・それは奇跡だと思うことでしょう。

【連載】ウィンチカムの街に英国ティールーム「ジュリス」が戻ってきた!

実はいま、ウィンチカムの街の話題をもっぱらさらっているのは、イースター前の2016年3月23日にプレオープンすることになった、『Juri’s Tea room(ジュリス)』。このティールームは宮脇樹里さんとご両親が2003年にオープン。さまざまな経験を積みながらも、英国人の求める理想のティールームを追い続け、2008年にはイギリスのベストティールームに与えられる「UK’s Top Tea Place」を受賞しています。

【連載】ウィンチカムの街に英国ティールーム「ジュリス」が戻ってきた!
※via:『RSVP 〜イギリスの暮らしへの招待状〜』

そんな『ジュリス』が、“神様のステキな計らい”によりリニューアルオープン!私たちが1月に訪問した時は未だ開店準備中でありましたが、ちょっぴりお邪魔させて貰いました。

【連載】ウィンチカムの街に英国ティールーム「ジュリス」が戻ってきた!

【連載】ウィンチカムの街に英国ティールーム「ジュリス」が戻ってきた!
※樹里さんの父親である宮脇巌さんは、コッツウォルズのブルーバッジ・ガイド保持者

それでは、お二人の笑顔がたえないNEW『ジュリス』を、日本の皆さまにお届けします。

一緒に楽しいティータイムを!「Juri’s Tea room(ジュリス)」の世界へご招待

ウィンチカムのハイレス・ストリートにある『Juri’s Tea room(ジュリス)』。その可愛らしい佇まいの写真を、「イギリスの暮らし」をテーマにした雑誌『RSVP』よりお借りしました。

【連載】ウィンチカムの街に英国ティールーム「ジュリス」が戻ってきた!
※via:『RSVP 〜イギリスの暮らしへの招待状〜』

【連載】ウィンチカムの街に英国ティールーム「ジュリス」が戻ってきた!
※via:『RSVP 〜イギリスの暮らしへの招待状〜』

以前撮影された写真にはなりますが、お店の中の様子も・・・あぁ、胸キュンの世界が広がっています!

【連載】ウィンチカムの街に英国ティールーム「ジュリス」が戻ってきた!
※via:『RSVP 〜イギリスの暮らしへの招
待状〜』

訪問した際は未だ準備中であったものの、ティールームらしいあつらえを用意して貰いました。

【連載】ウィンチカムの街に英国ティールーム「ジュリス」が戻ってきた!
1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。