体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シンガポールにやってきたチームラボの常設展を訪れるべき3つの理由

シンガポールにやってきたチームラボの常設展を訪れるべき3つの理由
Seina Morisako「ARTSCIENCE MUSEUM「FUTURE WORLD」に行ってきた!」

Seina Morisako「ARTSCIENCE MUSEUM「FUTURE WORLD」に行ってきた!

こんにちは、Compathy MagazineライターのSeinaです。私は現在家族とシンガポールで暮らしています。もうすぐ日本は夏休みの予定をたてる時期ですね! 旅行の日程は決まりましたか? もしご家族での旅行を考えている場合はシンガポールのArtScience Museumで3月からはじまったTeamLab(チームラボ)の常設展「FUTURE WORLD」を体験しに、シンガポールを訪れるプランはいかがでしょうか。

ウルトラテクノロジスト集団「TeamLab」

東京都文京区に本社を構えるTeamLabは、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、絵師、数学者、建築家、ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、編集者など、あらゆる分野のスペシャリストで構成されるウルトラテクノロジスト集団です。彼らの展覧会はただ観る展覧会ではありません。自分で触って、体感して、そして感じる展覧会になっているのです。

そしてTeamLabの初めての海外常設展が、シンガポールを代表する博物館「アートサイエンス・ミュージアム」にて、2016年3月12日より始まりました。
Seina Morisako「ARTSCIENCE MUSEUM「FUTURE WORLD」に行ってきた!」

Seina Morisako「ARTSCIENCE MUSEUM「FUTURE WORLD」に行ってきた!

今年中にArtScience Museumの「Future World」に訪れるべき3つの理由

この展覧会は特に家族でシンガポールを訪れた方にとてもオススメです。その理由を紹介します。

1:会場で親が休めるスペースがある
TeamLabは日本の日本科学未来館などでも多くの展覧会を開催しています。悲しいことに私は現在日本に住んでいないので、その展覧会には足を運べませんが、ネットなどで大好評だったと知りました。そして実際にシンガポールに来て体験して感じたのは「子供にも親にも楽しく優しい!」展覧会であることです。

子供がいつまでたってもやめられないような楽しい展示がたくさんあり、その遊ぶ様子を大人は休みながら見守ることができるのです! これは旅行中、疲れた大人には最高のサービス。「(私が疲れたから)もう終わりよ。帰りましょう」と言わなくていい環境は、親にも子にも嬉しいですよね。

2:子供が英会話を試す場がたくさんある
今回のアトラクションは多くが体感型です。自分で描いた絵の車や魚が大きな画面に映し出される様は感動的! そこには多くの子供達、そしてスタッフさんがいます。思い切って英語で話しかけてみましょう。

例えばこんな会話がさり気なくできたらいいですね。

お先にどうぞという時 → お先にどうぞ 「Go ahead」
アトラクションでかくれんぼをしたい時 → 「Let’s play hide-and-seek! 」
アトラクションで鬼ごっこをしたい時 → 「Let’s play tag!」

初めて英語を使う場合、ドキドキですよね。
でもこんな楽しい場所だと少しくらい間違っても気にしないで使えます。そしてコミュニケーションがお子さん自身の力で取れたら、それは揺るぎない自信になるでしょう。
https://www.compathy.net/tripnotes/22402#episode-224738

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy