ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ご当地銘菓を凍らせると美味しいらしい 最も支持が高いマルセイバターサンド凍らせてみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

全国のご当地銘菓は旅先の楽しみの一つでもありますが、そんな銘菓を「凍らせたらもっと美味しいよ!」と話題になっています。

あがる名前は、北海道の六花亭・マルセイバターサンド、名古屋のクッピーラムネわらび餅に、福岡の博多通りもん、広島・もみじ饅頭と定番みやげから、駄菓子まで様々。

【関連:未開の地グンマーで新種の醤油発見!?ラベルはタバスコ…でもお味は?】

■編集部では出身地愛が先行しめんどくさいことに

編集部でも議論したところ、マルセイバターサンドは支持意見多数。

若干1名、出身地愛から鹿児島の薩摩蒸氣屋・かすたどんを強引に押す声もありましたが、東北出身者から宮城・萩の月を忘れるなと横やりが入り、カスタード銘菓論争は意見が対立しています。
中々面白いので、もうちょっと掘り下げたいところですが、それはまた別の機会にするとして、今回はネットの意見にしたがい「凍らせると美味い銘菓」で最も名前があがるマルセイバターサンドを凍らせて試食してみました。

■マルセイバターサンドとは

六花亭専用の小麦粉でつくったビスケットで、ホワイトチョコレートと北海道産牛乳100%のバターを合わせたレーズン入りクリームをサンドしたロングセラー商品。北海道民ならずご当地みやげファンなら誰しも知っている銘菓としてお馴染みです。

5個入りで税込み650円は絶対にお安い! と思ってしまうほどの絶品商品で、全国にファンが多いことでも有名です。
店舗は札幌本店や帯広本店の他、北海道の各地域に70以上もあるそうです。

マルセイバターサンドをはじめとする商品は公式ショップからクール便で取り寄せることができ、また全国のデパートやスーパーの催事場でも手に入れることができます。

今年はマルセイバターケーキもリリースされ、ますます人気上昇中だそうです。

■凍らしたらアイスサンドになった!

というわけでそんなマルセイバターサンドを凍らしてみたわけですが、クッキー部分がよりしっとりとしてサンドされたクリーム部分がひんやり、まるで最初からアイスサンドだったみたいな仕上がりになりました! おいしーい!

普段なら5つくらいペロリと平らげる筆者ですが、凍らしたら甘さがほんのり抑えられてしまうため軽く10個はいけてしまいそうです。これを食べた人からは、「店舗で食べることのできるマルセイアイスサンドよりも好きだ」という意見もネットにあげられていました。

アイスサンドのほうはビスケットがもっと薄くてサクサクしているとのことで、濃厚さを求める人には凍らしたバターサンドのほうが好みにあうようですね。
マルセイバターサンドを食べる機会がある人は、ぜひ一度お試しください。

(文:大路実歩子)

関連記事リンク(外部サイト)

子供も喜びそう!はごろもフーズ社員おススメの「にんじんしりしり」
ジョブチューンで紹介の「赤いきつねの炊き込みご飯」つくってみた
やきとり缶詰でスモーキー親子丼

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP