ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

吉澤嘉代子、満員のツアーファイナルで今夏新アルバム発売を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

吉澤嘉代子が全国7都市を巡るワンマンツアー「絶景ツアー“夢をみているのよ”」のファイナル公演を、4月30日東京国際フォーラムホールCにて行なった。

本公演は、セカンドアルバム『東京絶景』のリリースを記念し開催され、サポートに、バンマスの横山裕章(Key)、KIRINJIの弓木英梨乃(G)、伊賀航(B)、伊藤大地(D)という錚々たるメンバーを迎え、アルバム収録曲全曲を含む全21曲が披露された。

全体を演劇の舞台のように仕立てて構成された今回のライブは、学校を卒業し新たな環境で生活を始める主人公の女の子と、それを見守る相棒の犬によって進行された。そんな物語の1曲目は、大切な人の幸せを願って作られた楽曲の「雪」。そして、回転寿司屋でのバイトが決まり、店の店長に恋をするというシーンに差し掛かると、カントリーポップ調が印象的な「ガリ」を歌唱しながら客席に降りてきて本物のガリを投げる場面や、ポップな恋愛ソング「手品」を歌唱しながら実際に手品を披露するというユニークな演出もあり、会場は大歓声に包まれた。

その後、アルバム「東京絶景」に収録されている「ひょうひょう」や「胃」、「ジャイアンみたい」、「野暮」など、計6曲を立て続けに披露。ライブの後半に差し掛かり、物語を一緒に進行してきた相棒の犬がいなくなってしまうという場面では、大切な者を送りだす曲として制作された「movie」を大切に歌い上げた。その後、忘れかけてしまった自分を信じる魔法を取り戻すために書かれた楽曲「ストッキング」を歌うと、会場からは遂に啜り泣きをする声も。

最後に、吉澤嘉代子から「東京国際フォーラムというこの場所で、この歌を歌うことをずっと楽しみにしてました。」というMCを挟んだ後、アルバムの表題曲でもある「東京絶景」を歌唱し、本編を締め括った。

アンコールで、吉澤嘉代子本人から「今日ここに来てくれた皆さんに速報があります。わたし、吉澤嘉代子は夏にアルバムを出します!!」とアナウンスされると会場の温度は最高潮に。新作を待ち侘びていたファンから歓喜の声が巻き起こった。

その温度感を保ちながら未発表曲の「残ってる」を披露。そして、「皆さん、今日は東京の絶景をありがとうございますー!」と叫び、吉澤嘉代子の代表曲「未成年の主張」を披露。最後はファンからのリクエストにより、同じく吉澤嘉代子の代表曲「ケケケ」で本公演を締め括った。セカンドフルアルバム「東京絶景」収録曲を始め、それぞれの楽曲の主人公を創って演じる吉澤嘉代子の世界観を生で体感することができる非常に貴重な一夜となった。

Photo by 鳥居洋介

セットリスト
4月30日(土)東京国際フォーラム ホールC
1.雪
2.ひゅー
3.ユキカ
4.綺麗
5.ガリ
6.手品
7.化粧落とし
8.ケケケ
9.ひょうひょう
10.胃
11.ジャイアンみたい
12.野暮
13.ぶらんこ乗り
14.シーラカンス通り
15.なかよしグルーヴ
16.泣き虫ジュゴン
17.movie
18.ストッキング
19.東京絶景

EC1.残ってる
EC2.未成年の主張
EC3.ケケケ

関連リンク

吉澤嘉代子オフィシャルサイトhttp://yoshizawakayoko.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP