ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レディオヘッドがウェブ上から失踪、一部ファンに謎のチラシ届く

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 レディオヘッドがインターネット上から消えた。5月1日、同バンドのツイッターおよびフェイスブック・アカウントの投稿が何の説明もなく全て消去され、公式ウェブサイトは真っ白な状態だ。フロントマン、トム・ヨークのツイッターも同様となっている。

 ウェブ上からレディオヘッドが失踪したのは、タイトル未定のニューアルバムについて何かをしている可能性もある。同アルバムはまだリリース日が明らかになっていないものの、2016年上半期中にリリースされるとの噂がある。2011年の『ザ・キング・オブ・リムズ』に続くアルバムだ。

 なお、4月30日には英国のファンの一部にバンドから謎めいたチラシが郵送されてきたという。同チラシにはエンボス加工されたレディオヘッドのロゴとオイルアートによる絵がフィーチャーされており、「“魔女を焼け(Burn the witch)”という6ペンスの歌を歌え。我々はお前がどこに住んでいるか知っている」と書かれている。

 以前バンドに注文をしたことのあるレディオヘッドのファンたちがこの謎めいたチラシを受け取り、自分達のソーシャル・メディアに投稿した。「Burn the Witch」はおよそ13年前に作られたレディオヘッドの未発表曲でもある。

 レディオヘッドは5月下旬にツアーを開始し、【ロラパルーザ】や【アウトサイド・ランズ】などの米メジャー・フェスティバルにもいくつか出演する予定だ。

関連記事リンク(外部サイト)

レディオヘッド新作は6月リリース、聞いたことのないサウンドに
英国でクリエイティブ産業が成長、レディオヘッドの新作効果にも政府が期待
【SUMMER SONIC 2016】第1弾出演者にレディオヘッド、サカナクション、アンダーワールド、ファーギーほか

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP