ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フォトスポット満載♡雲仙の絶景を満喫する!女子旅3プラン【長崎】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

絶景もグルメも楽しみたい!そんな欲張り女子はぜひ雲仙へ♪

温泉はもちろん、花や海など自然を楽しめる雲仙には、思わずSNSへ投稿したくなるフォトスポットがたくさんあるんです!

その中から、カフェや温泉から海絶景を一望できる「絶景露天コース」、ピンクの花々が山肌を鮮やかに染める「春花ピンクコース」、奇岩越しに見る夕日が美しい「感動サンセットコース」の3プランをご紹介。

ぜひカメラを片手に、雲仙へお出かけしてみましょう!

1.絶景露天で癒され♪コース

小浜洋食 伊勢路

↓徒歩1分

ほっとふっと 105

↓徒歩3分

オカモト・シェ・ダムール 小浜店

↓徒歩3分

波の湯 茜

小浜洋食 伊勢路

ハンバーグには赤ワインたっぷりのデミソースが

ランチ利用の方には伊勢屋旅館の温泉割引券のサービスも

和食旅館にオープンしたお昼だけの洋食レストラン。

「伊勢屋旅館」1階にある、ランチタイム限定で楽しめる洋食レストラン。料理には長崎県産牛や雲仙いきいきポークなど、地元産の食材をふんだんに使用。ロコモコランチの他に、お得なランチコースも! 小浜洋食 伊勢路(いせじ)

TEL/0957-74-2121(伊勢屋旅館)

住所/長崎県雲仙市小浜町北本町905

営業時間/11時30分~16時(LO15時30分)

定休日/水、第2・4火

料金/長崎県産牛ハンバーグと温泉玉子のロコモコランチ 1080円

アクセス/車:長崎道諫早ICより45分

駐車場/8台(旅館と兼用)

「小浜洋食 伊勢路」の詳細はこちら

ほっとふっと 105

小浜温泉の源泉温度・105℃に由来して105mに

海を眺めながらリラックス♪長さ日本一を誇る名物足湯。

日本一長い足湯の全長は、何と105m!橘湾を望む海沿いにあり、潮風を浴びながら足下ポカポカ!底に埋め込まれた小石で足裏マッサージができるウォーキング足湯やペット用足湯など、ユニークな足湯も。 ほっとふっと 105

TEL/0957-74-2672(小浜温泉観光協会)

住所/長崎県雲仙市小浜町北本町905-70

営業時間/10時~19時(11月~3月は~18時)

定休日/なし ※清掃のため臨時休業あり

料金/無料

アクセス/車:長崎道諫早ICより45分

駐車場/市営有料駐車場利用(1回250円)

「ほっとふっと 105」の詳細はこちら

オカモト・シェ・ダムール 小浜店

写真はフルーツたっぷりの「フリュイ」。店内どこからでも海が見える♪

カフェから海一望♪

店内席と、開放的なテラス席も

海絶景と共に食べる小浜生まれの絶品ケーキ。

今年で創業28年目となる小浜の老舗洋菓子店。2階は喫茶ルームとなり、ケーキのイートインがOK。平日限定(曜日不定)で開催されるケーキバイキング(1250円~)も大好評! オカモト・シェ・ダムール 小浜店

TEL/0957-74-5288

住所/長崎県雲仙市小浜町マリーナ18-1

営業時間/9時~20時、喫茶9時30分~19時(LO18時30分)

定休日/火、不定

料金/ケーキセット 670円

アクセス/車:長崎道諫早ICより1時間

駐車場/20台

「オカモト・シェ・ダムール 小浜店」の詳細はこちら

波の湯 茜

お湯に浸かれば、目前に青い海が広がる。18時までは男女別の露天風呂、それ以降は貸切湯に

海の中にいるみたい!波音を間近に温泉タイム。

満潮時には海面との差20cm!橘湾の防波堤の外に造られた海上露天風呂。海と一体化したような、開放的な気分を味わえる。サンセットタイムには、沈み行く夕陽と赤く染まる海の絶景がロマンチック♪ベストタイムは18時40分頃。 波の湯 茜(あかね)

TEL/0957-74-2672(小浜温泉観光協会)

※18時以降貸切湯予約はオレンジ・ベイ:0957-76-0881

住所/長崎県雲仙市小浜町マリーナ20

営業時間/10時~23時(18時以降は要予約の貸切湯)

定休日/不定

料金/入浴料 大人300円・小学生以下200円、貸切湯1室2000円(60分)

アクセス/車:長崎道諫早ICより1時間

駐車場/市営有料駐車場利用(1回250円)

「波の湯 茜」の詳細はこちら

2.春花ピンクにウキウキコース

仁田峠

↓車で15分

雲仙観光ホテル

↓車で1分

雲仙 富貴屋

仁田峠

ミヤマキリシマの他、ミツバツツジやヤマツツジなどの、さまざまなツツジが開花

下からも上からも◎春色に染まる山景色。

雲仙に春の訪れを告げる、10万株のミヤマキリシマ。ピンクの花々が山肌を鮮やかに染める。仁田峠の駐車場から標高1333mの妙見岳まではロープウェイが通じ、眼下の花景色を眺めながらの空中散歩は格別♪

【花の見頃】5月上旬~下旬 観賞料:無料 仁田峠(にたとうげ)

TEL/0957-73-3572(雲仙ロープウェイ)

住所/長崎県雲仙市小浜町雲仙551

営業時間/ロープウェイ運行8時31分~下り最終17時23分(約8分間隔運行)

定休日/なし ※荒天時運休有

料金/ロープウェイ大人往復1260円、小学生630円

アクセス/車:長崎道諫早ICより1時間15分

駐車場/200台

「仁田峠(雲仙ロープウェイ)」の詳細はこちら

雲仙観光ホテル

長崎和牛のバラ肉を煮込んだカレー

約200畳の広さを誇るダイニング

クラシック空間で食す伝統のビーフカレー。

創業昭和10(1935)年の、伝統ある山小屋風クラシックホテル。ランチタイムに楽しめるのは、創業から代々伝わるビーフカレーや復刻メニューのほか、雲仙・島原の旬素材をふんだんに使った絶品料理! 雲仙観光ホテル

TEL/0957-73-3263

住所/長崎県雲仙市小浜町雲仙320

営業時間/12時~14時(LO)※要予約

定休日/なし

料金/伝統ビーフカレー サラダ付き 1814円

アクセス/車:長崎道諫早ICより1時間

駐車場/30台

「雲仙観光ホテル」の詳細はこちら

雲仙 富貴屋

大正浪漫を感じさせる大浴場(写真は女湯)

ほのかに硫黄香る乳白色の湯。

雲仙地獄を望む湯治の宿。庭園を見渡せる檜風呂の大浴場をはじめ、開放的な露天風呂や3つの家族風呂で自慢の乳白色の硫黄泉を堪能しよう。 雲仙 富貴屋(ふきや)

TEL/0957-73-3211

住所/長崎県雲仙市小浜町雲仙320

営業時間/11時~20時(水は15時~)

定休日/なし

料金/大人1000円、小学生以下500円、家族風呂大人500円・小学生以下250円+貸切料2000円(50分)

アクセス/車:長崎道諫早ICより1時間10分

駐車場/60台

「雲仙 富貴屋」の詳細はこちら

3.感動!サンセットコース

四季膳 清香

↓車で10分

しらはまビーチホテル

↓車で20分

両子岩

四季膳 清香

u醤油とにんにくで煮たがねだきはご飯がススむ

広々個室があり団体利用にも◎

島原名物・がねだきに舌鼓!

地元の海鮮や旬素材を使った創作和食を、お膳料理やコース料理で楽しめる。ランチメニューには、フグを醤油で煮た島原の郷土料理「がねだき」の定食も。 四季膳 清香(きよか)

TEL/0957-86-5250

住所/長崎県南島原市口之津町丙1981

営業時間/11時30分~14時30分、17時30分~22時

定休日/月

料金/がねだき定食1058円

アクセス/車:長崎道諫早ICより1時間30分

駐車場/30台

しらはまビーチホテル

開放的な露天岩風呂(男女日替り)

オーシャンビューと共に入浴。

口之津町の白浜海水浴場に隣接。眼下に海が広がり、大浴場と露天岩風呂からは有明海や天草灘のオーシャンビューを楽しめる。特に夕陽を眺めながらの入浴は最高! しらはまビーチホテル

TEL/0957-86-3030

住所/長崎県南島原市口之津町甲2829-1

営業時間/9時~21時

定休日/なし

料金/大人500円、3歳~小学生300円

アクセス/車:長崎道諫早ICより1時間45分

駐車場/50台

「しらはまビーチホテル」の詳細はこちら

両子岩

間近で見る場合は足下に充分注意!

奇岩越しに見る美しいサンセット。

まるで人の横顔みたい!島原半島の南西部に位置する津波見海岸にある奇岩。火山による土石流が堆積し、波の浸食によって削られてこの独特な形になったとか。

【ベストタイム】17時30分~18時30分 両子岩(ふたごいわ)

TEL/0957-65-5540(島原半島ジオパーク協議会事務局)

住所/長崎県南島原市加津佐町津波見

料金/見学自由

アクセス/車:長崎道諫早ICより1時間30分

駐車場/なし(停車スペースあり)

「両子岩」の詳細はこちら

※この記事は2016年4月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

【SA・PA】わざわざ寄りたい!ご当地ソフト10【関西・中国・四国】
鮮やかな春の花にウキウキ♪九州の花絶景を巡るおすすめ4コース
鳥取東部の二大道の駅で食べたい!必食ご当地グルメ♪

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP