ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

穀醤(こくびしお)って何?腸からビューティー生活の必需品

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

穀醤(こくびしお)って何?腸からビューティー生活の必需品
穀醤(こくびしお)をご存知ですか?うまみ成分もたっぷり詰まった食材で、一度使ったら離れられないおいしさの発酵食品です。おいしくて、美容にも体にもよい、そんな素晴らしい食材の美容効果と作り方のご紹介です。

■穀醤(こくびしお)とは?

“ひしお”とは、漢字からみてわかるように、しょう油や味噌の原型といわれている発酵食品です。弥生時代ころから作られていたといわれていて、食材を塩漬けにして出てくる液体のことです。そのままだと醤油(しょうゆ)で、熱を加えると味噌(みそ)ということになります。

醤油のイメージ
古い順に種類をいくつかご紹介します。

・魚醤(うおびしお)は、魚を塩漬けにした際でる液体のことで、ナンプラーのようなものです。
・肉醤(ししびしお)は、海外では肉、日本では魚の内臓を塩漬けにします。塩辛というところでしょうか。
・草醤(くさびしお)は、野菜を塩漬けにします。漬物を作った際に出る液体のことです。
・穀醤(こくびしお)は、穀物を塩漬けにしたものです。

今回の主役は、最後の穀醤です。この穀醤は、大和時代からといわれています。魚や肉に比べ安く手に入ることから、大量に生産できたようです。穀物や豆の発酵食品と聞くと、納豆のように美容にも身体にも良いことがわかります。

腸が整うイメージ

■穀醤(こくびしお)の美容効果

発酵食品なので、やはり腸にやさしく、善玉菌を元気にしてくれます。そして、それだけではなく、100種類以上の酵素が取れて、ミネラルやアミノ酸も豊富に含まれています。

腸美人と最近よく耳にしますが、なぜ腸が健康なことがよいのでしょうか。それは、腸から栄養を吸収し、体に巡らせてくれるからです。胃は、食べ物の消化を行うだけのところです。ですので、便秘で腸に古い便がへばりついていると、その便を通って栄養が体内に取り入れられる・・・ということは、どんなによい食材を食べても、腸がきれいでなかったら、汚い栄養が体を巡ることになります。


穀醤(こくびしお)で、酵素と善玉菌の二つのチカラで、宿便もきれいになります。

そして何より、こんなに美容効果が高いのに、“作り方が簡単(約1週間)”、“常温保存”、“おいしい”、“どんなお料理にも使える”、“肉などの下味に”などなど、作り方も使い方も簡単で毎日の食卓に並べられます。

■1週間でできる!作り方

《材料》
・醤麹(乾燥)・・・550g
・しょう油・・・600cc
・水・・・300cc
・保存容器・・・4~5Lタッパー(プラスティックでOK)

《作り方》
1.清潔な保存容器に、醤麹を入れます。

2.しょうゆを加えます。(火入れしていない、生揚げ醤油は腐敗する場合あり)

3.水を加えます。(ミネラルウオーターはNG、浄水した水)

4.粒をつぶしながら、全体的に混ぜます。

5.白いアクが浮かんできたら終わりです。

6.次の日から毎日混ぜます。下から上に混ぜ、空気を入れます。


いかがでしょうか?筆者も、友人に勧められ作ってみてびっくりしました。お味噌汁やそぼろの隠し味にすると、子どもも喜んで食べてくれます。あまり嫌いな人がいない味だと思うので、試してみてください。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

通勤中にできる1分エクササイズ習慣!【上半身引き締め法】
くすみを根本的に見直したい!美肌を取り戻す方法を徹底解説。【糖化型編】
老廃物を溜め込まない!リンパの流れをスムーズにする食生活
こんなときはどのアロマ?目的から探すアロマオイル【効能別アロマ一覧】
疲れの原因を断捨離!「老け」につながる疲労を溜めこまない方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。