ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画版『マイリトルポニー』の公開日、2017年10月に早まる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ライオンズゲートは映画版『マイリトルポニー』の公開日を2017年11月3日から2017年10月6日に早めた。また、ウディ・アレン監督の映画『Cafe Society(原題)』を7月15日から限定公開する。

映画版の『マイリトルポニー』は、米ワーナー・ブラザースによる映画『ブレードランナー』の続編(タイトル未定)や同スタジオによるイベント・ムービー(タイトル未定)、さらに米20世紀FOXとマーベルによる映画(タイトル未定)などと同じ公開日となる。

タラ・ストロング、キャシー・ウェーゼルク、アンドリア・リブマン、タバサ・セント・ジェルマン、アシュリー・ボールらがMane 6の声を演じるとともに、エミリー・ブラントとクリスティン・チェノウェスが新キャラクターの声を演じる。

アニメシリーズ『マイリトルポニー ~トモダチは魔法~』の脚本とプロデュースを手掛けたメガン・マッカーシーが今回も脚本を担当し、ジェイソン・ティエッセンが監督を務める。

ストーリーは、トワイライトスパークル、アップルジャック、レインボーダッシュ、ピンキーパイ、フラッターシャイ、ラリティらが、彼らの住むエクエストリアから旅に出るというものだ。旅の過程には新しい友達との出会いがあり、また、故郷を守るために友情の魔法を駆使することになる。

玩具メーカー、ハズブロの映画レーベルであるオールスパーク・ピクチャーズを通じ、スティーヴン・デイヴィスとブライアン・ゴールドナーがプロデュースする。ライオンズゲートは8月に本作を市場に出し、中国以外の全地域に配給する。

映画『Cafe Society(原題)』は、5月11日に第69回カンヌ国際映画祭で初上映し、その1週間後の5月19日にシアトル国際映画祭にて北米エリアでの初上映を行う。1930年代を舞台とするロマンティック・コメディで、ジーニー・バーリン、スティーヴン・カレル、ジェシー・アイゼンバーグ、ブレイク・ライヴリー、パーカー・ポージー、クリステン・スチュワート、コリー・ストール、ケン・ストットらが出演する。

『Cafe Society(原題)』の公開にあたり、ライオンズゲートは米アマゾンとパートナーシップを結んだ。同作は7月22日に公開館数を拡大し、7月29日にはさらに拡大する計画だ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP