ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

辰巳琢郎の「最後の晩餐」 ご飯と塩昆布や梅干し、ほうじ茶

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 もしも、「最後の日」に何かを食べるのであれば、何が食べたいだろうか──。そんな質問を美食家として知られる俳優の辰巳琢郎(57)に投げかけてみると、「ご飯とおともとほうじ茶」という答えが返ってきた。

 食にもワインにも造詣が深い辰巳さん。選んだ一食は、高級レストランの料理ではなく、あったかく懐かしい味だ。

「子供の頃からご飯が大好きでした。学生時代は、かっこをつけて“銀シャリ”と呼んでいましたが、この響きも気に入っています。イタリア料理やフランス料理のフルコースを食べた後でも、やっぱり最後はご飯が食べたくなる。ご飯を食べないと、一日が終わらない。炊きたてのご飯を、梅干やお漬もの塩昆布やちりめん山椒など、ご飯のおともと大切に味わいます。最後は、茶碗に熱々のほうじ茶を回しかけて、一粒残さずきれいに流し込みます」

「最後の晩餐というには寂しいですか?」と言いながらも、「大好きなご飯を食べられる最後なら幸せですよ」と笑った。

撮影■坂本道浩

※女性セブン2016年5月12・19日号

【関連記事】
大空眞弓 卵は人生のパートナーでお葬式は「卵葬」希望と語る
石田エレーヌ 麺食べ終わったカップ麺に冷えご飯投入が好物
食生活調査 ぎょうざやピザ好まれ五目ずしはいらず研究者愕然

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP