ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロが選んだ「自分の親に薦めたい老人ホーム」関西編TOP2

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 全国には多数の老人ホームが存在するが、どんなホームを選べばいいのかは皆さん悩むところだろう。そこで、本誌・週刊ポスト5月6・13日号では『はこの「老人ホーム」がすごい! 厳選ランキング関東・関西&東海250』を発表している。今回のランキングは、利用者と施設の橋渡し役となる「紹介業者相談員」の投票をもとに作成した。

 近年、老人ホーム紹介業は急拡大している。医療費削減のため、国は長期入院用の病床を削減する方針を打ち出しているが、「退院しても在宅で暮らすのが難しいケース」が少なくない。そうした人たちの悩みや要望を聞き、一人ひとりに適した施設を提案するのが紹介業者相談員の仕事だ。

 相談員たちは、毎日のようにホームを訪問して回り、各施設の情報を集めている。いわば「施設選びのプロ」だ。そうした相談員84人が、「自分の親に薦めたい老人ホーム(介護付き有料老人ホーム)」を選んで投票し、その結果をランキング化した(ポイントは独自基準)。関西・東海地方のベスト2を以下に挙げよう。

【1位】サンセール香里園
・入居一時金:0~2550万円
・月額利用料:18.36万円~48.384万円
・所在地:大阪府寝屋川市香里西之町
・入居定員:105人
・入居率:82.00%
・看護・介護体制(職員一人あたりの利用者数):1.4人
・ベテラン職員比率:49.30%
・看取り:あり

 家電大手・パナソニックの子会社の運営する「サンセール香里園」が関西・東海地方のランキングで1位となった。昨年10月にオープンしたばかりだが、相談員の評価は高い。

「同じパナソニック系列運営のエイジフリー・ライフ大和田(6位)が開設から17年。そこで積み重ねた経験がハード、接遇、サービスの質に反映されている」

「看護師が24時間体制で常駐。協力病院との連携もしっかりしている」

 パナソニック系列ならではの利点もある。

「利用者が起床したり夜ベッドから出たことを(職員に)知らせるセンサーシステムを採用。リハビリにも、パナソニックが開発したデジタルミラー(手本となる映像と自分の動きをリアルタイムで比較できる機器)を用いている」

【2位】グッドタイムリビング大阪ベイ
・入居一時金:0~980万円
・月額利用料:22.15万円~42.56万円
・所在地:大阪府大阪市港区弁天
・入居定員:101人
・入居率:86.00%
・看護・介護体制(職員一人あたりの利用者数):1.8人
・ベテラン職員比率:22.90%
・看取り:あり

 大阪市営地下鉄中央線の弁天町駅に直結したビル内という、交通至便の場所にある。「ビルの低層階には病院、薬局、スーパー、コンビニなどもある。雨の日でも濡れずに移動が可能」と相談員からも立地の良さが高く評価された。

 運営するのはオリックス・リビングで、建物の中は高級感溢れるつくりとなっている。推奨した相談員たちは、

「スタッフの教育が充実」「ホテルのようなハード面。かつ利用者様への対応も丁寧」「ワンランク上の生活空間。クラブ活動も充実」

 といったコメントを寄せた。また、脳トレや書道、アロハ、フラダンスなど20を超えるクラブ活動が用意されていて、入居者の家族から「家族も参加できないのか」との声が出るほどだ。

※週刊ポスト2016年5月6・13日号

【関連記事】
事実婚カップル 有料老人ホームで同じ部屋に入れぬ場合多い
有料老人ホーム 平均予算は1人なら1532万円、2人で2310万円
プロが選んだ「自分の親に薦めたい老人ホーム」関東ベスト3

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP