ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Microsoft、スマートフォンの操作をよりスムーズにする「プリタッチセンシング」技術を開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Microsoft Research がスマートフォンの操作をよりスムーズにする「プリタッチセンシング」技術を開発していることを明らかにしました。この技術は 5 月 7 日に米国で開幕する ACM CHI 2016,カンファレンスで披露される予定です。プリタッチセンシング技術は、スマートフォンの持ち方や握り方、画面に指が触れる時間や場所を基に、アプリのユーザーインタフェースを最適化するというものです。簡単な例では、端末を横向きに持つだけで UI を回転させて端末の向きに合わせます。Microsoft Research が開発したビデオプレイヤーを利用したデモでは、左手で端末を持って右手で画面に触れると動画再生のコントロール画面が中央に表示されますが、端末を持った手でタッチ操作すると、画面の右側にコントロール用の UI を表示します。この持ち方では、ボリュームスライダーは上下のスライドではなく、ダイヤル式に変化するなど、持ち方によって UI の形状までも変化させます。この技術は、ビデオプレイヤーだけではなく、WEB ブラウザのリンクやテキスト選択などの操作、SNS アプリ上のタッチ操作などにも適用可能とのことです。Source : Microsoft

■関連記事
Android Wearの交換用リストバンド「MODE」の22mm版が米国の Google ストアで発売
「Lifelog」アプリが3.0.A.1.40にアップデート、一部の地域向けにパーソナルチャレンジ機能が追加
Lenovo、ZUK Z1をインドで「Lenovo Z1」として投入

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP